ホンダ「CR-Z」の中古車でおすすめは?選び方のポイントや相場も

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

こんにちは!札幌ホンダ南インター店です。

 

2010年から2017年の間に生産・販売されたホンダのハイブリッドスポーツカー、CR-Z。

現在は中古車のみの販売となりましたが、走行性能の高さなどからその人気はまだまだ健在です。

 

CR-Zは2回のマイナーモデルチェンジが行われており、その前後で特徴が大きく変わっています。

これから中古車の購入を検討しているならば、その違いは知っておいた方が良いでしょう。

 

そこで今回は、CR-Zの中古車を購入するときのポイントをご紹介!

年ごとの違いや選び方のポイント、価格の相場について解説していきます。

 

 

ホンダ「CR-Z」とは?魅力をご紹介

ホンダCR-Zは、「ハイブリッドはエコで終わるな」というスローガンのもとで開発されたハイブリッド専用スポーツクーペ。

 

2010年に登場し、2度のマイナーチェンジを経て2017年まで生産・販売が行われてきました。

 

現在は中古車市場のみで販売されていますが、依然として高い人気を誇っています。

そんなCR-Zには、次のような魅力があります。

 

 

走りを追求したスタイル

エンジンには、CR-Z登場以前のハイブリッド車で採用されていた1.3Lエンジンではなく、1.5L i-VTECエンジンを採用。

 

低回転時のトルクや高回転時の出力を効率よく引き出し、さらにIMAハイブリッドシステムのアシストを得ることで力強い走りを生み出してくれます。

 

トランスミッションには走りと燃費を高次元で両立させるCVTと、ハイブリッドカーでは初となる6速MTの2種類を設定。

CVTでもMT感覚のシフト操作が可能なパドルシフトが採用されており、車を操る楽しさも追求されています。

 

さらに、2+2シートというスタイルや軽量で剛性の高いボディデザインも走りを追求した結果生まれたもの。

1980年代に活躍した名車「CR-X」を彷彿とさせる車として、多くの注目を集めました。

 

 

運転に集中できる居住空間

ゆったり座れるフロントシートには、両サイドに二層構造のサイドサポートを配置。

さまざまな体格に対応でき、安定感のある座り心地を提供してくれます。

 

座面は腰がシート奥に引き込まれるような形状になっており、車の挙動を感じ取りやすいシートポジションを実現。

座面中央にはスリットを入れており、両足が動かしやすくなるよう工夫されています。

 

また、走行視界とメーターの焦点差を小さくするために立体デジタル表示のスピードメーターを採用するなど、ドライバーの視野にも配慮がなされています。

 

ドライバーへの配慮が徹底された空間設計は、運転の集中力を高め最高のドライブを体験させてくれるでしょう。

 

 

安定感のある走行性

走行時の安定性が高いところも、CR-Zの大きな魅力です。

 

CR-Zのボディサイズは、全高1,395mm/全長4,080mm/全幅1,740mm(2010年式のサイズを記載。2012年発表モデルは全長4,075mm)。

 

この「低・短・ワイド」なスタイルが走行時の安定性を高め、一体感のある操作性を実現しています。

 

なお、CR-Zについてはこちらのコラムでもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

ホンダ「CR-Z」の維持費はいくら?燃費やモデルごとの違いも解説!

ホンダCR-Zは雪道のドライブでも快適?冬道の乗り心地を解説!

 

 

ホンダ「CR-Z」の中古車はどれがおすすめ?

交差点

 

CR-Zは2010年式に発売が開始され、2012年と2015年にマイナーチェンジが行われました。

その前後で特徴が大きく変化しています。

 

CR-Zの2010年2月〜2012年8月のモデルと、マイナーチェンジされた2012年9月〜2015年7月までのモデルについて、ご紹介していきましょう。

 

その中でもどれを選ぶべきか、おすすめについてもお伝えします!

 

 

2010年2月〜2012年8月のモデル

2010年に、日本初のハイブリッドスポーツカーとして登場したCR-Z。

 

パワートレインである1.5L i-VTECエンジンとIMAハイブリッドシステムの性能は、最高出力83kw[113PS]/6,000rpm、最大トルク144N・m[14.7kgf・m]/4,800rpm(CVT車)。

優れたエンジンとハイブリッドシステムの組み合わせが、力強い走りと2Lエンジン並みの加速を生み出しました。

 

さらに、走行時の状況(市街地、高速道路など)やドライビングスタイルに合わせて「SPORT」「NORMAL」「ECON」の3つのモードを使い分けることで、より快適なドライブが楽しめます。

 

燃費はCVTが22.8km/L、6速MTが20.6km/L(いずれもJC08モード)。

IMAハイブリッドシステムはエンジンが走行主体のため、他のハイブリッドカーと比べると燃費性能は劣ってしまいますが、スポーツカーとしての燃費性能は他を圧倒するほど優れていると言えます。

 

排気ガスに含まれる有害物質の低減にも成功しており、「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」の認定も取得。

 

グレード構成は、上級モデル「α(アルファ)」とベースモデル「β(ベータ)」の2種類で、αはドアグリップの金属加飾などインテリアがより上質なものとなっています。

 

2011年には、αの上位モデルとして「α・Black label(ブラックレーベル)」が追加。

黒基調のインテリアとダークグレーのアルミホイールが、シックで高級感のある雰囲気を演出しています。

 

 

2012年9月〜2015年7月までのモデル

2012年のマイナーチェンジでの変化

2012年には、初回となるマイナーチェンジが行われました。

 

大きな変更点は、IMAハイブリッドシステムのバッテリーをリチウムイオンバッテリーに変更したこと。

これまで使われてきたニッケル水素バッテリーの約1.5倍の電圧を生み出し、モーター出力が大幅に向上。

これによってハイブリッドシステムが進化し、より力強い走りを実現しました。

 

また、ボタン1つで3LのV6エンジンに匹敵するほどの加速感が得られるブースト機能「PLUS SPORTシステム」が追加。

燃費性能も、CVT車で23.0km/L(JC08モード)と若干ではありますが向上しています。

 

エクステリア面ではグリルの形状がよりシャープになり、ヘッドライトの下部には8連のLEDポジションライトが採用されました。

 

グレード構成はαの上位モデルとして「α・Master label(マスターレーベル)」が追加。

 

さらに、これまではモノトーンのみだったカラー展開に、ルーフをブラックとした2トーンカラーが追加されたのも大きな特徴です。

 

 

2015年のマイナーチェンジでの変化

2015年の2度目のマイナーチェンジでは、足回りが大きく進化しています。

 

これまで硬いといわれてきたサスペンションのダンパー減衰力とバネレートを見直し、柔軟性のある足回りを獲得。

路面からの振動を吸収しつつ無駄な動きを抑えた高い走行安定性が実現しました。

 

エクステリアはグリルとバンパーのデザインが刷新され、ヘッドライトとウィンカーにもLEDが採用に。

 

また、心地よいエンジン音を車内に出力する「アクティブサウンドコントロール」や、車内のノイズを打ち消す「アクティブノイズコントロール」がオプションで追加。

運転する楽しさや快適性も追求されています。

 

さらに、このマイナーチェンジでは安全装備として「あんしんパッケージ」が設定に。

30km/h以下での追突防止をサポートする「シティブレーキアクティブシステム」や「サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)」「前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」など、充実した安全装備で安心してドライブを楽しめます。

 

グレード構成では、これまでベースモデルとなっていた「β」が廃止され、「α」「α Master label」の2タイプ構成へ変更。

さらに2016年9月には、最終モデルの特別仕様車として、マット塗装17インチ軽量アルミホイールなどが装着された「α・Final label(ファイナルレーベル)」が登場しました。

 

 

中古車で選ぶならどのモデル?

2022年1月現在、中古車市場で最も多く出回っているCR-Zのモデルは2010年〜2012年のモデル。

なかでも2010年式は全体の約6割を占めており、本体価格相場も10万円台〜130万円台(※2022年1月20日現在)であることから、かなりお求めやすいモデルです。

ただし発売から10年以上が経過しており、過走行の車両も多いという点は注意が必要です。

 

よりパワフルな走行性能を求めるのであれば、リチウムイオンバッテリーやPLUS SPORTシステムを採用した2012年以降のモデルがおすすめ。

 

さらに、高い走行安定性や安全性能を重視したいのであれば2015年式モデルを選択することをおすすめします。

 

ただし年式が新しくなるにつれて販売台数は少なくなっており、価格帯は上がっています。

予算や購入のタイミング(急ぎなのか、じっくり選びたいか)によって、自分にあった一台を探すのが良いでしょう。

 

札幌ホンダではCR-Zの中古車(※完売している場合もございます)も扱ってますので、ぜひご確認ください。

 

また、年式ごとの特徴についてはこちらもあわせてご覧ください。

ホンダCR-Zの年式は?モデルごとのグレードやスペック、装備を解説!

 

 

ホンダ「CR-Z」の中古車を選ぶ際のポイント

 

年式やグレードの他にも、CR-Zの中古車選びのポイントはさまざま。

ここでは、CR-Zの中古車を選ぶときに見るべきポイントを4つご紹介します。

 

 

デザイン

CR-Zは、全体的に空力性能を意識した流線形のデザインとなっています。

2度のマイナーチェンジでグリルやバンパーが変更され、改良ごとにシャープな顔つきになっているのが特徴。

 

また、カラー展開はシックなモノトーンカラーが中心ですが、2012年式以降は2トーンカラーも追加されているところもチェックポイントです。

 

 

走行性能

全モデルを通して、CR-Zのパワートレインは1.5L i -VTECエンジンとIMAハイブリッドシステムを採用。

走行性能を重視するのであれば、先ほど紹介した通りリチウムイオンバッテリーとPLUS SPORTシステムを採用した2012年以降のモデルが良いでしょう。

 

また、2015年のマイナーチェンジでは足回りの柔軟性が大幅に改善されているので、硬い足回りを好むのであれば2012年式、柔軟性を求めるのであれば2015年式を選ぶのがおすすめです。

 

 

安全装備

CR-Zで最も安全装備に力を入れているのは、2015年式モデル。

シティブレーキシステムや高性能のエアバッグシステムをセットした「あんしんパッケージ」が、αではメーカーオプション設定、α・Master labelでは標準装備となっています。

 

より安全に、安心しながら運転を楽しみたいのであれば2015年式がおすすめです。

 

 

価格

CR-Zの中古車市場の全体の価格の幅は16〜385万円(※2022年1月20日現在)。

在庫状況やモデルの人気によって変動はありますが、やはり古い年式や走行距離の長い車両ほど安くなる傾向が見られます。

 

ガソリン車と違いハイブリッド車は自動車税重税の対象とならないため、2012年以前のモデルでもお得に乗ることが可能です。

 

ただし、年季が入っている分メンテナンスの費用がかさむことはあるかもしれません。

 

中古車探しのポイントは、ここで紹介したもの以外にもたくさんあります。

こちらのコラムでも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分に合った中古車の探し方、どうやって見つけよう?

 

 

ホンダ「CR-Z」の中古車価格の相場は?

 

CR-Zの中古車の平均価格は70万円程度(※2022年1月20日現在)。

市場に最も多く出回っているのは2010年式モデルです。

 

2022年1月20日現在の中古車価格(本体価格)の相場は、次の通りです。

  • 2010年式:10万円台〜130万円台
  • 2011年式:10万円台〜120万円台
  • 2012年式:30万円台〜200万円台
  • 2013年式:40万円台〜190万円台
  • 2014年式:90万円台〜380万円台
  • 2015年式:120万円台〜180万円台
  • 2016年式:160万円台〜200万円台

 

※上記は全て本体価格の相場で、購入時には初期費用や税金などが加算されます。

※グレードやオプションなどの詳細条件を区別しない相場であり、査定額にはオプションやエアロなどのカスタマイズ内容が影響することもあります。

 

ちなみに、走行距離別では7〜9万km台の車両が最も多く出回っています。

 

 

CR-Zの中古車は走行性の高い2012年以降のモデルがおすすめ

日本初のハイブリッドスポーツカーとして誕生し、2度のマイナーチェンジを経て進化してきたホンダCR-Z。

 

その中でも大きな進化を見せたのは、リチウムイオンバッテリーが搭載された2012年以降のモデルです。

従来の約1.5倍の電圧によって生み出されるパワフルな走りは、CR-Zがスポーツカーとしていかに優れているかを表現しています。

 

中古車として購入する場合でも、やはりその走行性能に注目してほしいところ。

 

2015年式からは安全性能の高いモデルも選べます。

予算や目的に合わせて好みの一台をぜひ見つけてくださいね。

 

札幌ホンダでは、CR-Zの中古車も取り扱っております(※完売している場合もございます)。

CR-Zの中古車をお求めの際は、当店へご相談ください!

 

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

☆大谷地東のお店☆ 国産LEDライト各種取扱いしています!おすすめオプション!

ホンダ「インサイト」の乗り心地...
ホンダ「インサイト」の中古車で...

関連記事

ホンダ「CR-V」のグレードの違いを解説!どれを選...

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

ホンダ「ヴェゼル」のサイズは?ボディ・室内・荷...

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

冬の山をドライブする青い車

ホンダのストリームは雪道でも快適なミニバン!冬...

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店