ホンダ「フィット」の中古車でおすすめは?選び方のポイントや相場も

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

ドライブをする女性

こんにちは!札幌ホンダ 南インター店です。

 

ホンダ「フィット」は2001年に発売された​​、現行モデルで4代目となるコンパクトハッチバックです。

 

シンプルでありながら細部にこだわりの散りばめられたデザイン。

視界の広さ・快適エンジンが生み出す走行性能など、使い勝手の良い一台となっています。

 

そんなフィットは車両世代ごとに個性が異なるため、用途や予算に合わせてどの中古車を選ぶか迷ってしまう方も多いです。

 

今回はフィットの世代ごとの特徴や重視するポイントごとのおすすめ中古車、価格の相場についてご紹介します。

 

 

ホンダ「フィット」とは?まずは魅力をご紹介

ホンダ「フィット」は2001年に初代が発売された、ハッチバックモデルのコンパクトカーで、2020年のフルモデルチェンジにより現行モデルは4代目となります。

 

現行モデルではベーシックで全長3,995mmと、ホンダの軽自動車に次ぐ全長を持ちながらも、リアシートを格納すると一般的なシティサイクルを積み込めるほどの収納力が魅力です。

 

収納力はリア部分のスペースだけに留まらず、同乗者が多くてもそれぞれの座席の快適さがより高まるよう、使い勝手の良いポケットなどを実装。

あらゆる利便性を兼ね備えています。

 

また、シートの使用感が良いのも初代からの人気の秘訣であり、4代目では骨盤をしっかりと包む「ボディースタビライジングシート」を採用しています。

街乗りはもちろんのこと、長距離運転だって快適です。

 

エクステリアでは、広い視界で死角の少ないデザインのフロントガラスも定評があり、ダッシュボードには無駄な装飾もないため、よりフラットで開けた視界が確保できます。

 

さらに、その世代ごとの最新安全性能がそれぞれのモデルに採用されており、4代目モデルではもちろん「Honda SENSING」にも対応。

 

コンパクトでありながら、その魅力はコンパクトに収まらないのが「フィット」の一番の特徴ともいえますね。

 

街乗りにも長距離にも快適なフィットの魅力は、次のコラムでもご紹介しています。

ホンダ「フィット」は子育て世帯やファミリーにおすすめ!その理由は?

フィットの維持費はいくら?燃費は?軽自動車との比較も紹介!

ホンダのフィットなら長距離ドライブも快適!運転しやすい工夫も満載

 

 

ホンダ「フィット」の中古車はどれがおすすめ?選ぶポイントとは

ホンダ「フィット」はフルモデルチェンジを「2007年」「2013年」「2020年」に3回実施し、マイナーチェンジを含めると現在は9回目のリリース車両となっています。

Honda|今まで販売したクルマ|フィット

 

 

フィットの年代ごとの特徴と販売動向は?

2021年現在の中古車市場での販売実勢としては、2007年発売の2代目〜3代目がほぼ大半を占めています。

 

初代は発売から20年〜14年経過しているほか、重課税の対象となることもあり、市場での取り扱い台数は減少傾向にあります。

 

フィットは年代ごとの大きな見た目の違いはあまりなく、初代から共通して細めのフロントピラーを採用。

死角が少なく、街乗りに人気の高いコンパクトハッチバックモデルならではの形状が運転のしやすさにつながっています。

 

また、車両空間の広さも魅力の一つ。

車両の顔ともいえるエンジンルームをショートにするために、燃料タンクを助手席の下に格納したことで、コンパクトボディなのにフロントシートの足元の窮屈さを感じさせません。

 

そして、2代目以降は走行性能・安全性能も拡充されています。

2代目ではVSA(車両挙動安定化制御システム)が採用され、3代目以降はオプションだった「Honda SENSING」も標準搭載となりました。

 

年式についてはこちらのコラムでもご紹介しています。

フィットの年式ごとのモデルをご紹介!グレードやスペック、装備で比較

 

では、フィットの重視する特徴ごとのおすすめ中古車を見ていきましょう。

 

 

重視するポイントごとのおすすめ中古車

見た目(デザイン)、走行性能、安全性能、価格帯に絞って、どんなフィットの中古車を選ぶべきかをご紹介します。

 

見た目(デザイン)から選ぶ

ベースとなる外観的なデザインはシリーズを通して共通しているとはいうものの、初代と比較すると、2代目以降はよりボンネットから屋根までのラインが鋭角になり、空力性能もアップしています。

 

また、限定カラーも追加されていることから、見た目で決める選択肢を増やす意味では、2代目以降を全体として候補に含める、というのも一つの作戦です。

 

インテリアの違いは、シートを中心としたベースカラーの違いが印象的です。

 

2代目はファミリーや街乗り志向のグレーブラックのシートカラーを採用していますが、3代目はブラックとブラウンを基調とした大人のドライブを演出しています。

 

さらに4代目はシートそのものが「ボディースタビライジングシート」にグレードアップ。

 

普段の使用頻度や使用シチュエーションに合わせて、インテリアを選択してみても良いでしょう。

 

走行性能から選ぶ

初代・2代目の展開時には主流だったSOHCエンジンから、3代目のフルモデルチェンジを機にDOHCエンジンに切り替わります。

これにより、コンパクトハッチバックでも力強い加速感を味わえるように。

 

2代目、3代目の走行感として、感覚的な操作をものともしない、コンパクトなのにスポーティな走りを実行できるモデルが多いのが特徴でした。

 

3代目の後半、2017年マイナーチェンジモデルからは、燃費の良さや静寂性に注目した開発が中心となり、自然で滑らかな走行が実現できます。

 

こちらは好みの面もありますので、よりスポーティネスな走りを目指すか、自然な走りを重視するかで希望の年式を選んでも良いでしょう。

 

安全性能から選ぶ

安全性能は初代発売当初からその時期ごとの先進技術を搭載していますが、3代目からは万が一のエアバックや車両の堅牢さといった衝突安全性能に加え、予防安全性能にも力を入れています。

 

3代目からは一部グレードに、4代目は全グレードに「Honda SENSING」を標準装備。

これにより危険を察知し、先行車との適切な距離感をもって走行することが可能になりました。

 

運転に慣れていない人や複数人で運転する可能性があるなら、より高い安全性能を誇る年式から選ぶのがおすすめです。

 

価格帯から選ぶ

大まかな価格帯としては初代では15万円未満の車両も多く存在しますが、おおむね走行距離が長いのが特徴です。

 

また、2代目も15万円程度から高くても100万円を切るものが中心となっています。

 

一方、3代目フィット、特に2017年マイナーチェンジのものからは、安くて50万円台~と比較的高額設定になっています。

 

さらに、2020年は他の車両と比較してフィットなどのコンパクトカーを手放す人が例年より多く、新古車といってもいい状態の良い中古車が多く出回ったのも特徴です。

 

今、状態の良い中古車をお得に手に入れたいなら、3代目以降がおすすめです。

 

 

ホンダ「フィット」の中古車価格の相場は?

キーを渡す男性

ホンダ「フィット」は、約20年の販売歴がありますので、2001年の車両ももちろん未だ市場に取扱があります。

 

しかし、初代〜2代目の初期型を改めて購入しようとすると、重課税の対象となる可能性もあります。

 

この点をふまえると、やはり2代目、特に2010年以降のモデルに人気が集まり、車両価格も高くなる傾向にあります。

 

 

ホンダ「フィット」の中古車市場価格の動向

ホンダフィットのベースとなる価格帯は、平均価格98~276万円程度です。

年式別の価格帯の目安は次の通りです。

 

  • 2007年式以前:15万円未満~35万円程度
  • 2008年式:15万円未満~35万円程度
  • 2009年式:15万円未満~35万円程度
  • 2010年式:15万円未満~55万円程度
  • 2011年式:15万円台~55万円程度
  • 2012年式:15万円台~55万円程度
  • 2013年式:35万円台〜95万円程度
  • 2014年式:35万円台~95万円程度
  • 2015年式:35万円台~115万円程度
  • 2016年式:55万円台~135万円程度
  • 2017年式:55万円台~155万円程度
  • 2018年式:75万円台〜155万円程度
  • 2019年式:75万円台〜215万以上あり
  • 2020年式:115万円台〜215万以上あり

 

※2021年10月24日時点、本体価格の相場です。この他に初期費用や税金がかかります。

※上記相場はハイブリッド・FF・4WDなどの詳細条件を区別しない平均価格となり、査定額にはオプション機能やエアロなどのカスタマイズ内容が影響することもあります。

※2007以前の初代モデルについては、市場での取扱台数および価格などをふまえ、まとめて試算してあります。

 

なお、中古車市場で多いのは、他の中古車同様に、走行距離5万〜7万kmのものです。

 

フィットは特に比較的近距離〜中距離走行のユーザーが多く、2021年はコロナ禍の影響もあってか3万km以下・2019−2020年登録といった好条件の車両も取り扱い台数が増えています。

 

ぜひ一度ディーラーにお問い合わせくださいね。

 

価格等をふまえて、それでも迷ったらこちらのコラムも参考にしてください。

自分に合った中古車の探し方、どうやって見つけよう?

 

 

フィットの中古車は2代目以降が特におすすめ!

ホンダ「フィット」は約20年の歴史があり、モデルそのものの違いはもちろんですが、年式による影響も大きいのが特徴です。

 

年式・車内のデザイン・走行性能などをふまえると3代目以降がおすすめですが、価格帯が大きく分かれているので、新しいから良いとも限りません。

 

重視すべきポイントを明確にすると良いでしょう。

それぞれの特徴などを比較してお気に入りの一台を見つけてくださいね。

 

札幌ホンダではフィットの中古車も扱っていますので、ぜひご確認ください。

(完売している場合もございます)

 

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

☆大谷地東のお店☆ 国産LEDライト各種取扱いしています!おすすめオプション!

ホンダ「シャトル」の乗り心地に...
ホンダ「N-BOX」の中古車で...

関連記事

雪道の車のサイドミラー

フィットで雪道は快適に走れるの?北海道の冬を乗...

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

N-BOXとN-VANを徹底比較!それぞれのスペックや魅...

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

公園で楽しむ家族

ホンダ「フリード」は子育て世帯や家族向け!その...

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店