フィットハイブリッド・シャトルハイブリッドを比較!フィットシャトルとは違う?

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

こんにちは!札幌ホンダ西店です。

 

普段使いに最適で運転もしやすいハイブリッド車と言えば、ホンダのコンパクトカー「フィットハイブリッド」と「シャトルハイブリッド」。

そして2015年で生産が終わった「フィットシャトル」も、まだまだ中古市場で人気です。

 

利便性の高い広々とした室内と高い安全性など共通点も多く、買い替えの際に悩んでしまう方も多い車種。

 

そこで今回は「フィットハイブリッド」「シャトルハイブリッド」「フィットシャトル」、それぞれの大きさや走行性能、燃費などの基本的なスペックを参考に、その注目ポイントと魅力を比較しながら紹介したいと思います!

 

 

フィットハイブリッドとシャトルハイブリッド、フィットシャトル、基本スペックを比較

コンパクトカーと言えば走行性能や安全性、使い勝手の良い利便性などのバランスの良さが特徴。

一般的に、2代目「フィット」をベースにサイズをアップさせたのが「フィットシャトル」で、「シャトル」はその後継者であると言われていますが、実際はどんな違いがあるのでしょうか?

 

まずはこの3種の外見の特徴や走行性能など、それぞれスペックの違いを比較してみましょう。

 

フィットハイブリッド、シャトルハイブリッド、フィットシャトル外見や大きさを比較!

まずはフィットハイブリッド、シャトルハイブリッド、フィットシャトルの基本として、ボディデザインやサイズからご紹介します。

 

フィットハイブリッドの外見やサイズは?

【フィットハイブリッド】

全長×全幅×全高(mm) 3,990×1,695×1,525(FF)、1,550(4WD)
車両重量(kg) 1,080~1,230
ホイールベース(mm) 2,530

 

2001年に販売が開始され、2020年には新型となる4代目が登場したばかりの「フィット」。

そのハイブリッド車は、2010年のマイナーモデルチェンジのタイミングで登場しました。

 

シンプルな外観と親しみやすさを最優先に考えたスタイルが幅広いユーザーから支持され、コンパクトな見た目からは想像することができない車内空間の広さ、シートアレンジの豊富さが特徴となっています。

 

ちなみに、2020年の「フィット」のモデルチェンジと共に「フィットハイブリッド」の販売は終了し、名称が「フィットe:HEV」へと変更されて新たな進化を遂げました。

 

シャトルハイブリッドの外見やサイズは?

【シャトルハイブリッド】

全長×全幅×全高(mm) 4,400×1,695×1,545(FF)、1,570(4WD)
車両重量(kg) 1,130~1,300
ホイールベース(mm) 2,530

 

2015年に発売された「シャトル」は「フィット」をベースに設計・開発された5ナンバーサイズのステーションワゴン。

「フィット」よりもひと回り大きなサイズで、スタイリッシュさと落ち着いた雰囲気を意識したデザインが特徴です。

 

高級感にこだわった内装と余裕のある広い居住空間や収納スペースで、使い勝手の良い快適な室内。

広いラゲッジスペースは買い物の荷物を乗せるうえで利便性抜群で、荷室床下にはアンダーボックスも装備されており、ファミリー層のユーザーにも好評を得ています。

 

フィットシャトルの外見やサイズは?

【フィットシャトル】

全長×全幅×全高(mm) 4,385×1,695×1,540(FF)、1,565(4WD)
車両重量(kg) 1,140~1,230
ホイールベース(mm) 2,500

 

2代目フィットがベースとなったエントリークラスのステーションワゴンとして、2011年に登場した「フィットシャトル」。

「フィットハイブリッド」に比べて全長も大きく、荷室スペースを拡大することでさらに使い勝手が良くなりました。

 

ハイブリッド仕様をメインに作られたクルマであり、2015年に後続モデルの「シャトル」登場と共に生産・販売は終了しました。

 

それぞれグレードによるデザインの違いもありますが、外見に大きな違いはなく、ホイールベースもほぼ同じ。

しかし「シャトルハイブリッド」「フィットシャトル」の全長は「フィットハイブリッド」よりも約500mmほど大きくなっているのが特徴です。

 

そのほかカラーリングの雰囲気は、外装・内装と共に「フィットハイブリッド」よりも「シャトルハイブリッド」のほうが落ち着いた印象となっているなど、コンセプト的な違いもあるようです。
 
札幌ホンダ買取バナー
 

フィットハイブリッド、シャトルハイブリッド、フィットシャトルの走行性能や燃費を比較!

「フィットハイブリッド」と「シャトルハイブリッド」「フィットシャトル」のエンジン性能と燃費は以下の数値です。

 

【フィットハイブリッド】

■最高出力
エンジン:81kW (110PS)/6,000rpm
モーター:22kW (29.5PS)/1,313-2,000rpm
■最大トルク
エンジン:134N・m (13.7kgf・m)/5,000rpm
モーター:160N・m (16.3kgf・m)/0-1,313rpm
■JC08モード燃費
28.0~37.2km/l

 

【シャトルハイブリッド】

■最大出力
エンジン:81KW(110PS)/6,000rpm
モーター:22KW(29.5PS)/1,313-2,000rpm
■最大トルク
エンジン:134N・m (13.7kgf・m)/5,000rpm
モーター:160N・m (16.3kgf・m)/0-1,313rpm
■JC08モード燃費
26.0~33.2km/L

 

【フィットシャトル】

■最大出力
エンジン:65KW(88PS)/5,800rpm
モーター:10KW(14PS)/1,500rpm
■最大トルク
エンジン:121N・m (12.3kgf・m)/4,500rpm
モーター:78N・m (8.0kgf・m)/1,000rpm
■JC08モード燃費
25.2~26.2km/L

 

「フィットハイブリッド」「シャトルハイブリッド」共に、街乗りには十分のパワーを持つ1.5L直列4気筒エンジンに「SPORT HYBRID i-DCD」を組み合わせたハイブリッドシステムを採用しています。

これによって燃費性能も大幅に高まり、発進加速時には完全なEV走行も可能。

 

同じエンジンということで車体が大きい「シャトルハイブリッド」ではパワー不足なのではないかという疑問もあると思いますが、車両重量の増加を最低限に抑えているため、ボディサイズによるパワー不足の心配はいらないでしょう。

 

コンパクトな「フィットハイブリッド」は、小回りの良さはもちろん、低重心のセンタータンクレイアウトによって高速道路の走行や60km/L以下でのコーナリング時の安定感もあります。

 

「シャトルハイブリッド」は小回りの良さでは及ばないものの、最小回転半径が4.9mでUターン時などに使いやすさを実感できるので、街中での運転には十分の扱いやすさです。

 

「フィットシャトル」のパワートレインはLDA型 1.3L 直列4気筒 SOHC i-VTEC i-DSIエンジンが搭載されており、最新システムを導入した「フィットハイブリッド」「シャトルハイブリッド」には及ばないものの、26.2km/Lという優れた低燃費を実現させています。

 

さらに「フィットハイブリッド」と「シャトルハイブリッド」は、それぞれ4WD車もラインアップされているので、寒冷地や降雪地帯など雪道も安心して運転できるでしょう。

 

雪道走行の安定感については「シャトルで雪道を走る!冬道ドライブの評価はどう?
」「フィットで雪道は快適に走れるの?北海道の冬を乗り越えるポイント」でも詳しくご紹介しています。

 

 

フィットハイブリッド、シャトルハイブリッド、フィットシャトルの乗り心地も比較

車を運転する女性

 

使い勝手の良さが売りの3車種、乗り心地や安全面での比較もしてみましょう。

 

室内空間の広さで乗り心地は快適に

「フィットハイブリッド」は、心地よいリラックス空間の創造を掲げ、大人が快適に座れる室内空間を確保しています。

燃料タンクを車両中央に配置するセンタータンクレイアウトを採用し、コンパクトなボディサイズとは思えないゆったりとした室内空間を実現。

 

後部座席や助手席をアレンジすることで広々としたスペースを確保でき、足を伸ばして休憩することもできます。

自転車を乗せることも可能な積載性の良さで、ファミリーカーとしても十分活躍してくれますね。

 

広い室内が生み出す快適な居住性と静粛性にこだわった「シャトルハイブリッド」は、運転席と助手席がハイデッキセンターコンソールで仕切られており、それぞれ独立した空間として快適な乗り心地を実現させています。

 

また、リアシートは余裕があり、大人でも足を組んでゆったりとリラックスできる広さ。

高性能な防音材で静粛性にも優れており、遮音ガラスを採用するなど、さらなる静粛性の向上が図られています。

 

「フィットシャトル」は、その大きさならではの落ち着いたハンドリングとゆったりとした足回りが特徴。

遮音性も高く、ゆとりある室内空間や良い荷室など、使い勝手の良さは折り紙付きです!

 

それぞれに搭載された安全性能

「フィットハイブリッド」「シャトルハイブリッド」共に、対象の位置や速度の測定に強いミリ波レーダーと対象の形や大きさの識別に強い単眼カメラを融合した高精度な検知機能で、安心・快適な運転を支援する安全運転支援システム「ホンダセンシング」を装備。

 

シティーブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)や適切な車間距離を保つためのサポートアダプティブ・クルーズ・コントロールなど。
大事な家族を乗せてのドライブに欠かせない安全性能を搭載しています。

 

「フィットシャトル」に「ホンダセンシング」は未搭載ですが、雨や雪の日の急ハンドル時の横すべりを抑えるVSA(車両挙動安定化制御システム)などの基本安全性能は充実しているので、安心で快適な運転が叶います。

 

 

まとめ

コンパクトなホンダの人気ハイブリッドカー「フィットハイブリッド」「シャトルハイブリッド」「フィットシャトル」の3種を比較してきました。

 

走行性能や安全性、ゆとりある車内空間とほとんどは共通していますが、ボディサイズやデザインなどで違いがあります。

 

「シャトルハイブリッド」「フィットシャトル」は大きめな車体と落ち着いた雰囲気、「フィットハイブリッド」はコンパクトで実用性の高さが特徴となっているので、自身のライフスタイルに合わせて検討してみるのがポイント。

 

札幌ホンダでは「フィットハイブリッド」の中古車「シャトルハイブリッド」の中古車「フィットシャトル」の中古車も取り扱っております。

どちらもファミリーにはおすすめの車種なので、今回の比較を参考に最適な1台を選んでくださいね。
 
札幌ホンダ買取バナー
 

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

車輌は全車1年間走行距離無制限で保証付。 安心の総額支払い(整備費用+1年保証込み)表示店です!

ジェイドとシャトル、どっちを選...
グレイスハイブリッドとフィット...

関連記事

冬の山をドライブする青い車

ホンダのストリームは雪道でも快適なミニバン!冬...

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店

中古車の走行距離って重要?何を重視するかで見分...

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

手の平に乗せられた紙の車

中古車を初めて買う方へ!予算やおすすめ車種をご紹介

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店