フリードの年式は?モデルごとのグレードやスペック、装備を解説!

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

ドライブを楽しむ男女

 

こんにちは!札幌ホンダ 南インター店です。

 

「This is サイコーに ちょうどいい Honda!」をキャッチフレーズに、街乗りや大人数でのドライブを快適にサポートするフリード。

コンパクトサイズのミニバンとして設計されたフリードの人気の秘密は、どこにあるのでしょうか?

 

今回は2008年に初代モデル、2016年に2代目モデルが発売された、フリードの年式によるスペックの違いや魅力について説明します。

 

 

 

 

フリード初代2008年式モデルの特徴は?

低重心・低床設計を活かしたコンパクトなボディサイズのフリード。

ゆとりのある室内空間が魅力な、コンパクトミニバンとして開発されました。

 

20代~40代のファミリー層を中心に高い人気があり、2008年下半期のミニバン販売台数第1位も獲得。

2008年式初代モデルは2016年まで、数回のマイナーチェンジを重ねながら生産されました。

その間の大きな変更点は、2011年生産モデルまでは3列目シートが3席の7〜8人乗り仕様でしたが、その後は3列目シートが2席の6〜7人乗り仕様に変わった点です。

 

見た目はシンプルかつコンパクトで誰からも愛されるフォルム。

ボディカラーはホワイト、ブラック、グレー、ブルーなどシックな色合いがラインナップされています。

 

室内は1列目から3列目まで上品なシートを配置し、心地よいくつろぎの空間に。

リモコン操作で開閉できるスライドドア、ベビーカーを積んでも広々な荷室、2列目シートはベンチタイプを選択することで赤ちゃんのおむつ替えも楽々。

通路を広くしたい場合はキャプテンシートの選択も可能です!

 

エンジンは、市街地から高速までストレスのない走りを可能とする「1.5L i-VTEC 4気筒エンジン」を搭載。

燃費が気になる方にはハイブリッド車がおすすめです。

 

後期モデルではUVカットのフロントドアガラスや、横滑り対策のVSA機能を搭載しています。

マイナーチェンジごとに年々性能は上がっていますが、大人数で乗る場合は前期モデルがおすすめな初代です。

 

2014年以降生産されたガソリン車とハイブリッド車の、基本モデルのスペックを紹介します。

 

【G ガソリン車】

  • 全長×全幅×全高(mm) 4,215×1,695×1,715
  • 車両重量(kg) FF:1,290、4WD:1,390
  • ホイールベース(mm) 2,740
  • エンジン L15A/水冷直列4気筒横置
  • 総排気量(L) 1,496
  • 最高出力(kW[PS]/rpm) 87[118]/6,600
  • 最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 144[14.7]/4,800
  • 燃料タンク容量(L) 42
  • JC08モード燃費(km/L) FF:16.6 4WD:13.2
  • 最小回転半径(m) 5.2

 

【G ハイブリッド車】

  • 全長×全幅×全高(mm) 4,215×1,695×1,715
  • 車両重量(kg) 1,390ホイールベース(mm) 2,740
  • エンジン LEA/水冷直列4気筒横置
  • 総排気量(L) 1.496
  • 最高出力(kW[PS]/rpm) 65[88]/5,400
  • 最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 132[13.5]/4,200
  • 燃料タンク容量(L) 42
  • JC08モード燃費(km/L) 21.6
  • 最小回転半径(m) 5.2

 

 

 

フリード2代目2016年式モデルの特徴は?

車を探すイメージ

2016年にフルモデルチェンジした2代目フリード。

現在も2代目が製造販売されています。

 

「家族の楽しいが走りだす!」をキャッチフレーズに、初代と比べて室内空間の快適性が向上し、見た目も高級感が増しました。

ぜひ日本車としての贅沢さとカッコよさを味わっていただきたいモデルです。

 

フロント部分は丸みを帯びつつも、ヘッドライトがより男前な顔つきに。

全長は伸びつつもボディサイズは全体的にコンパクトなまま、室内空間をより広く感じるように工夫をしています。

小さいお子様でも乗り降りしやすい、ステップの高さも魅力のひとつ。

 

座席のアレンジ次第では、大人が寝そべられる十分なスペースを確保できます。

荷室は2段にわかれ、荷物がかけられるフック搭載など細かい便利機能により積載力も抜群です。

 

エンジンは15LBへと進化し、力強さも燃費も向上。

初代では4WDの設定はガソリン車のみでしたが、2代目からはハイブリッド車にも4WD
を設定しています。

 

また、2代目は安心安全の「Honda SENSING」搭載モデルです。

ぶつからない・はみ出さない最新機能で、安全快適な走行が叶います!

 

2020年にマイナーチェンジした基本モデルのスペックについてご紹介しますね。

 

【G Honda SENSING ガソリン車】

  • 全長×全幅×全高(mm) 4,265×1,695×FF:1,710、4WD:1,735
  • 車両重量(kg) FF:1,350~1,360、4WD:1,430~1,440
  • ホイールベース(mm) 2,740
  • エンジン L15B/水冷直列4気筒横置
  • 総排気量(L) 1,496
  • 最高出力(kW[PS]/rpm) 95[129]/6,600
  • 最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 153[15.6]/4,600
  • 燃料タンク容量(L) FF:36 4WD:53
  • JC08モード燃費(km/L) FF:19.0 4WD:16.4
  • 最小回転半径(m) 5.2

 

【HYBRID G Honda SENSING ハイブリッド車】

  • 全長×全幅×全高(mm) 4,265×1,695×FF:1,710、4WD:1,735
  • 車両重量(kg) FF:1,410~1,430、4WD:1,500ホイールベース(mm) 2,740
  • エンジン LEB/水冷直列4気筒横置
  • 総排気量(L) 1,496
  • 最高出力(kW[PS]/rpm) 81[110]/6,000
  • 最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 134[13.7]/5,000
  • 燃料タンク容量(L) FF:36 4WD:53
  • JC08モード燃費(km/L) FF:28.0 4WD:27.4
  • 最小回転半径(m) 5.2

 

 

 

フリードはボディのコンパクトさと室内空間が魅力!ぜひ試乗してみて

コンパクトミニバンとして人気の高いフリード。

 

低床・低重心設計で室内空間が広々としているだけでなく、小回りも効いて運転しやすいモデルとなっています。

街乗りから大人数での旅行まで、快適なドライブを満喫できます。

 

歴代モデルの特徴は以下のとおり。

  • 初代の前期型のみ7、8人乗り。後期型は6、7人乗り
  • 2代目からはエンジン性能の向上と「Honda SENSING」を搭載
  • 2代目は室内空間の快適性も燃費も初代と比べると向上

 

車名の由来ともなっているフリーダム。

札幌ホンダでは自由な精神で進化してきたフリードの中古車を扱っています(完売している場合もございます)。

気になる方はぜひ遊びに来て下さいね!

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

☆大谷地東のお店☆ 国産LEDライト各種取扱いしています!おすすめオプション!

シャトルの維持費はいくら?燃費...
シャトルの年式は?モデルごとの...

関連記事

中古車の納品時にはここをチェックしよう!

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

車窓からの景色

フリードの維持費はいくら?燃費やモデルごとの違...

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

オデッセイの年式は?モデルごとのグレードやスペ...

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店