ホンダ「エアウェイブ」の年式は?モデルごとの特徴を解説!

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

車から荷物を出す外国人家族

こんにちは!札幌ホンダ 南郷店です。

 

2005年に誕生したホンダの5ナンバーサイズのコンパクトステーションワゴン「エアウェイブ」。

扱いやすいボディサイズでありながら広々とした収納スペースを確保し、なおかつ快適な走りも叶えてくれます。

 

ステーションワゴンとしての使い勝手の良さが人気の車種でしたが、2010年に生産・販売が惜しまれつつ終了しました。

 

今回は中古市場ではいまだ根強い人気のホンダ「エアウェイブ」の年式について、特徴や魅力を紹介していきます。

 

 

ホンダ「エアウェイブ」の特徴や魅力とは?

2002年に販売終了した「オルティア」以降、該当するタイプの車種がなかったホンダの5ナンバーサイズコンパクトステーションワゴンとして、2005年に登場したのが「エアウェイブ」です。

 

「開放感あふれる室内空間」と「風や空気の流れを感じて自然との一体感を味わえる走り」をイメージした車名の通り、1番の特徴はいつでも空を眺められる「スカイルーフ」。

後部座席まで広がる「スカイルーフ」は、プライバシーガラスと熱線吸収UVカットガラスの合わせガラスが使用されており、ガラス部分を囲むフレームなどを閉断面化して剛性と衝突安全性を確保しています。

 

燃料タンクを車体中央に配したセンタータンクレイアウトを採用し、ホイールベースを100mm延長したことで、広い居住空間と余裕ある荷室を両立。

後席は座面ごと倒して荷室床をほぼ水平にできるため、たくさんの荷物を積むことができ、低床なので荷物の積み下ろしも容易です。

 

エンジンは直列4気筒1.5L SOHC VTECを搭載しており、ホンダマルチマチックS(自動無段変速AT)との組み合わせにより、伸びのある走りと心地よい加速感、そして低燃費を実現。

駆動方式は2WDモデルとデュアルポンプ式フルタイム4WDモデルが設定されています。

 

安全性能にもこだわっており、EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS(4輪アンチロックブレーキシステム)や急ブレーキ時などにペダルを踏む力を補助するブレーキアシスト、さらに後続車からの視認性を高めるハイマウント・ストップランプ(LED)を全タイプに標準装備。

 

また、衝突時の衝撃をコントロールする独自の衝突安全技術「Gコントロール」も搭載されています。

 

 

ホンダのエアウェイブは2005年式が現行モデル!現在までの変遷は?

2005年4月に誕生した「エアウェイブ」は、広々と使える室内スペースと開放感のあるスタイリッシュなフォルム、爽快感を感じる走りが自慢の多目的ワゴンとして開発されました。

この2005年式が、現行モデルとなっています。

 

グレードは、上級グレード「L」と標準グレード「G」の2タイプ構成で登場。

「L」には、ハンドルに備え付けられたパドルシフトによってシフトチェンジを楽しめる7スピードモードが装備されています。

 

2007年6月には、グレード名が新たに用途別にノーマルルーフの「M」とスカイルーフ標準装備の「SKY」の名称に変更。

12月には「M」の特別仕様車「HDDナビ エディション」、「HDDナビ HID エディションII」、「HDDナビ スタイル エディションII」が発売されました。

 

2008年4月のマイナーチェンジで、グレードが「M」とエアログレードの「ST」の2タイプに変更され、スカイルーフは両グレード共オプション設定に。

また、ドアミラーウィンカーやカラードテールゲートスポイラーなどを装備した「MSパッケージ」も追加。

 

新デザインのフロントグリルやフロントバンパーなどを採用したエクステリア、ブラックカラーの新シートで、よりスポーティ感がアップしたインテリアとなりました。

 

2010年8月に生産・販売が終了となりましたが、5ステーションワゴンとしてのコンセプトは「フィットシャトル」へとしっかり継承されています。

 

ホンダ「エアウェイブ」主要モデルのスペックをご紹介!

ホンダ「エアウェイブ」の基本モデル「M」のFFタイプと4WDタイプ、それぞれのスペックを紹介します。

 

「M」(FF車)【GJ1】

  • 全長×全幅×全高(mm) 4,350×1,695×1,530
  • 車両重量(kg) 1,160
  • ホイールベース(mm) 2,550
  • エンジン 水冷直列4気筒横置
  • 総排気量(L) 1,496
  • 最高出力(kW[PS]/rpm) 81[110]/5,800
  • 最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 143[14.6]/4,800
  • 燃料タンク容量(L) 42
  • 10・15モード走行燃費(km/L) 18.0
  • 最小回転半径(m) 5.1

 

「M」(4WD車)【GJ2】

  • 全長×全幅×全高(mm) 4,350×1,695×1,545
  • 車両重量(kg) 1,230
  • ホイールベース(mm) 2,550
  • エンジン 水冷直列4気筒横置
  • 総排気量(L) 1,496
  • 最高出力(kW[PS]/rpm) 81[110]/5,800
  • 最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 143[14.6]/4,800
  • 燃料タンク容量(L) 42
  • 10・15モード走行燃費(km/L) 17.0
  • 最小回転半径(m) 5.2

 

 

ホンダ「エアウェイブ」の年式の変遷や魅力を知ってモデル選びを

わずか5年の短い販売期間ながらも、ファンから愛された「エアウェイブ」。

2005年に誕生し、そのまま現行モデルとなっています。

 

コンパクトなボディながら、広々としたラゲッジスペース、青空が見える開放感ある室内空間、軽やかで快適な走行性能を誇るコンパクトステーションワゴンとして発売。

 

低床の利便性の高さで、日常の買い物から多くの荷物を積んだロングドライブまで、使い勝手の良さは折り紙付きです。

 

もちろんスカイルーフのないグレードもあるので、お好みのスタイルを選ぶこともできます。

 

札幌ホンダでは「エアウェイブ」の中古車を扱っています(完売している場合もございます)。

 

今回の年式紹介を参考に、ライフスタイルに合わせたベストな1台を選んでくださいね。

 

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

南郷通20丁目のお店です! 残価据置型ローン始めました!車両本体価格から一定額を据置!月々のお支払が大幅に削減されます♪

ホンダ「インスパイア」の維持費...
ホンダ「レジェンド」の年式は?...

関連記事

車に乗る赤ちゃん

ホンダ「エリシオン」の年式は?モデルごとの特徴...

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

中古車を初めて購入するなら中古車ディーラーに相...

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

赤い車

人気のシャトルとフィットを徹底比較!それぞれの...

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店