ホンダ「エリシオン」の年式は?モデルごとの特徴を解説!

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

車に乗る赤ちゃん

こんにちは!札幌ホンダ 西店です。

 

ホンダ「エリシオン」は、ホンダのミニバンラインアップのフラッグシップとして、2004年に登場しました。

 

大柄なボディと開放感あふれるキャビンを確保しつつも、低重心の安定感とシャープな走りを実現させた「エリシオン」。

 

ホンダの最上級ミニバンとして、その重厚なスタイルと使い勝手の良さが人気の車種でしたが、2013年に生産・販売が惜しまれつつ終了しました。

 

今回は、中古市場でいまだ根強い人気のホンダ「エリシオン」の年式について、それぞれの特徴を詳しく説明します。

 

 

ホンダ「エリシオン」の特徴や魅力とは?

2004年に誕生したホンダ「エリシオン」は、同じくホンダのミニバン「ステップワゴン」の上位車種として販売。

兄弟車であるホンダ「オデッセイ」の語源でもあるギリシャの叙事詩『オデュッセイア』に登場するギリシャ神話の楽園「エリュシオン」の英語読みから名付けられました。

 

「オデッセイ」よりも全長と車幅がひと回り大きいボディながら、低床プラットフォームの安定感が魅力。

両側スライドドアの採用で室内スペースの効率も良く、広さと快適性に優れた使い勝手の良さが特徴です。

 

空力特性にこだわった美しいエアロダイナミクスフォルムは、大きくラウンドするフロントウインドウ、エンジンアンダーカバーや空力ドアミラーによって、どんなシチュエーションでも快適かつ優雅なクルージングが実現。

 

乗り降りのしやすさをポイントに開発されたフラットなフロア構造のキャビンは、2列目に6:4分割チップアップ&スライドシートとキャプテンシートが用意されており、どちらにもワンモーションウォークイン機構を採用。

用途によって多彩なシートアレンジが可能です。

 

3.0L V6 i-VTEC(J30A型)と2.4L 直4DOHC i-VTEC(K24A型)の2種類のエンジンラインナップに加え、最上級モデルとして3.5L V6(J35A型)搭載の「エリシオンプレステージ」も新設定。

快適な走りを実現させるパワーと低燃費を両立した、軽量・コンパクト設計の高性能エンジンは、高精度な空燃比制御システムなどにより環境性能にも優れています。

 

安全性能は、EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS(4輪アンチロックブレーキシステム)や、高輝度の光で遠方視認性を高めるディスチャージヘッドライトが全タイプに装備されているほか、「エリシオン プレステージ SG」にはさまざまな路面で車両の挙動安定化をアシストするVSAを標準装備しています。

 

 

ホンダ「エリシオン」の年式は日本では初代が現行モデル!

2004年にホンダのミニバンラインアップのフラッグシップとして登場した「エリシオン」。

日本では、初代がそのまま現行モデルとなっています。

 

エンジンはK24A型(2.4L)とJ30A型(3.0L)の2ユニットで、グレードは2.4L搭載車が上から「X」「G」「M」となっており、3L搭載車は上から「VZ」「VX」「VG」。

FFもしくはフルタイム4WD駆動を設定しています。

 

2005年のマイナーチェンジで、各グレードにエクステリアにこだわった「AEROバージョン」が追加されました。

 

2006年1月に、特別仕様車「G AERO HDD NAVIエディション」「VG HDD NAVI AEROエディション」が追加され、同年12月のマイナーチェンジでは一部デザインを一新。

3.5L・V6(J35A型)エンジンを搭載した最上級モデル「エリシオン プレステージ」を追加し、翌2007年に販売が開始されました。

 

2008年12月のマイナーチェンジでは、フロントグリルのデザイン変更のほか、オートライトコントロール、アレルフリー高機能脱臭フィルターが全グレードに標準装備。

 

2010年11月のマイナーチェンジでグレード体系が変更し、標準タイプは「G AERO」「G AERO・HDDナビ スペシャルパッケージ」の2グレード、「エリシオン プレステージ」は「S」「S・HDDナビ スペシャルパッケージ」、3.5Lエンジン搭載の「SG」の3グレードへと整理されました。

 

2012年に標準タイプの「エリシオン」が廃止され、「エリシオン プレステージ」のみとなりました。

標準装備の追加やボディカラーの新色4色が設定され、ナビゲーションの標準装備化によって「S・HDDナビ スペシャルパッケージ」が廃止に。

 

2013年10月に「エリシオン プレステージ」の日本での生産・販売が終了となり、実質的に同日フルモデルチェンジされたオデッセイと統合する形となりました。

 

日本での販売・生産が終了した「エリシオン」ですが、中国では2015年まで製造・販売が続けられ、2016年には2代目(RC1/2型)が発売。

5代目オデッセイの姉妹車として、変わらぬ人気を誇っています。

 

 

ホンダ「エリシオン」の主要モデルのスペックもご紹介!

ホンダ「エリシオン」の基本モデル「G AERO」、「エリシオン プレステージ」の基本モデル「S」の、それぞれのスペックを紹介します。

ぜひ参考に、検討してくださいね。

 

エリシオン「G AERO」(FF車)【RR1】

全長×全幅×全高(mm) 4,845×1,830×1,790

車両重量(kg) 1,820

ホイールベース(mm) 2,900

エンジン 水冷直列4気筒横置

総排気量(L) 2.354

最高出力(kW[PS]/rpm) 118[160]/5,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 218[22.2]/4,500

燃料タンク容量(L) 70

JC08モード走行燃費(km/L) 9.9

最小回転半径(m) 5.7

 

エリシオン プレステージ「S」(FF車)【RR1】

全長×全幅×全高(mm) 4,920×1,845×1,790

車両重量(kg) 1,850

ホイールベース(mm) 2,900

エンジン 水冷直列4気筒横置

総排気量(L) 2.354

最高出力(kW[PS]/rpm) 118[160]/5,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 218[22.2]/4,500

燃料タンク容量(L) 70

JC08モード走行燃費(km/L) 9.9

最小回転半径(m) 5.7

 

 

ホンダ「エリシオン」の年式の変遷や魅力を知ってモデル選びを

2004年から2013年にかけて日本で販売された、最上級ミニバン「エリシオン」。

初代が現行モデルとなっています。

 

ゆとりある車内スペースと上質な乗り心地、パワフルかつ爽快な動力性能が自慢の車種として人気でしたが、「オデッセイ」と統合され日本での販売が終了しました。

 

しかし、現在も中国など海外市場ではモデルチェンジされた2代目「エリシオン」が活躍中で、いずれまた日本での復活もあるかもしれませんね。

 

札幌ホンダでは「エリシオン」の中古車を扱っています(完売している場合もございます)。

 

今回の年式紹介を参考に、あなたのライフスタイルに合わせたベストな1台を選んでくださいね。

 

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

車輌は全車1年間走行距離無制限で保証付。 安心の総額支払い(整備費用+1年保証込み)表示店です!

ホンダ「グレイス」の維持費はい...
ホンダ「ザッツ」の年式は?モデ...

関連記事

雪道と雪山

オデッセイは雪道に強い!?冬にもオデッセイがオ...

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

おもちゃの車と電卓とお金

中古車の予算の決め方!無理のない金額にするポイント

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店

雪道と車のタイヤ

ホンダ・アコードと雪道の相性とは?冬道での走行...

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店