ホンダ「N-BOX」は子育て世帯やファミリー向け!その理由や魅力とは

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

散歩をする家族

こんにちは!札幌ホンダ 南インター店です。

 

幅広い世代から支持を受けているホンダの「N-BOX」。

 

特にファミリー層から多く支持されていて、子育て世帯やファミリー向けの工夫された機能が多くあるのはご存知ですか?

実は、お子さまと一緒のお出かけが今より楽しくなる仕組みが満載です。

 

現在、子育てをしていて軽自動車の購入や車を買い換えを考えている人のために、「N-BOX」はどんなところが子育て世帯やファミリー向けなのか、その理由と子育て中に嬉しい装備について紹介します。

 

 

まず最初にホンダ「N-BOX」の魅力をご紹介!

「N-BOX」は、ファミリー層や幅広い世代から人気が高い車です。

 

初代「N-BOX」は、2011年にトールワゴン型の軽自動車として登場。

見た目はシンプルなのが特徴で、ドアミラーやホイールなどの細かいところまでこだわりがあり、上品で落ち着きのあるデザイン。

丸目のヘッドライトなど親しみやすい見た目と高い機能性を実現しています。

 

軽自動車の中でも特に広い室内空間には、開閉式の収納ボックスやスーパースライドシートなど、乗る人が使いやすい工夫が施されています。

先進の安全技術「Honda SENSING」が標準装備されているので、安全性能が高いところも魅力です。

 

2020年には、実際にN-BOXを使用している子育て期のママたちが他のママにも推薦したい車として、「マザーズセレクション大賞」に選ばれ、発売から10年経った今でも常に高い人気を誇ってます。

 

ホンダ「N-BOX」が子育て世帯やファミリーにぴったりな理由

 

なぜ子育て世帯やファミリーに「N-BOX」が高い支持を得ているのか、その理由についてと、ポイントを詳しく説明していきます。

 

 

安全性能の高さ

運転中に起こる思いも寄らない事故に役立つ衝突軽減ブレーキ(CMBS)や不注意による急な後退を防止してくれる後方誤発進抑制機能など、先進の安全運転支援システムであるHonda SENSINGを標準装備!

 

安全性能が高いため、お子さまも一緒に乗車する子育て世帯には心強い味方です。

 

 

広い室内空間

N-BOXは燃料タンクを前席の床下に配置するホンダの特許技術「センタータンクレイアウト」のおかげで、荷室の床面を低くなっているのが特徴。

軽自動車の中でもトップクラスの広い室内空間を実現しています。

 

室内の長さが224cmと広く、大人4人が乗車しても窮屈感が少なく座れますし、後部座席に身長が高い男性が座っても、足が組めるほどゆったりとしたスペースが確保できます。

室内の高さも140cmあるため、車の中で楽に洋服を着替えられますし、高さのあるベビーカーもぶつけることなくスムーズに出し入れが可能です。

 

 

燃費が良い

ホンダの軽自動車初の4バルブ方式のDOHCエンジンを採用し、効率性を考えた構造に見直したことで、力強い走りと低燃費を両立を実現しています。

燃料費を抑えられるため、経済的でファミリー層におすすめです。

 

N-BOXの燃費について知りたい方は「N-BOX(Nボックス)の維持費はいくら?燃費やモデルごとの違いも解説!」も参考にしてみてくださいね。

 

 

「N-BOX」の子育て中に嬉しい装備

外で遊ぶ親子

 

「N-BOX」には、使いやすく工夫された機能がたくさん備わっています。

子育て世帯や家族向けに嬉しい装備についても、詳しく説明していきます。

 

 

パワースライドドア

N-BOXでは、片手で軽く手前にハンドルを引くだけでドアが開閉可能な「パワースライドドア」を標準装備しています(※N-BOXのGタイプを除く)。

 

開口幅が64cmと広いので、お子さまを抱いたたままドアを開け、チャイルドシートへ楽に乗せることができます。
買い物の荷物が多いときにも出し入れがしやすく、特に小さいお子さまがいるご家庭に便利な機能です。

 

 

Hondaスマートキーシステム

Hondaスマートキーシステムが装備されているので、Hondaスマートキーを携帯することで、前席ドアハンドルを握るだけでドアロックを解錠することが可能です。

 

また、車から離れるとドアが自動的に施錠してくれる「降車時オートドアロック機能」も搭載されています。

この機能も、小さいお子さまと一緒にお出かけする時の乗車時に重宝します。

※降車時オートドアロック機能は工場出荷時の設定はOFFになっているので、マニュアル設定方法が載っています。

 

 

幅広いシートアレンジ

前席との距離や後部座席を左右の席で別々に調節できるスライドリアシートの他に、57cmと移動幅が大きい助手席スーパースライドシートがあります。

前後に動かせるので運転席後ろに座るお子さまのお世話がしやすく、助手席を前に移動させることで後部座席で乗り降りするときにも便利です。

 

 

広い荷室

N-BOXの魅力である室内空間は、後ろのシートの肩口にある操作レバーを引くだけで後席を足元に収納し、広い荷室にすることが可能なため、買い物で予定より量が多くなったときにも安心です。

 

また、狭い駐車場などでバックドアが開けられないときは、後席の座面をはね上げる(チップアップ)ことで横から荷物を乗せることができます。

 

 

工夫された収納スペース

N-BOXには、さまざまなシーンで役立つ収納スペースが設置されています。

運転席にはティッシュ箱がまるっと収まるアッパーボックス、助手席にはちょっとした軽食が置けるインパネトレーと500mlサイズの紙パックが置けるドリンクホルダー、荷物が掛けられるコンビニフックなど、便利な収納が多く使いやすい工夫がされています。

 

 

子育て中にファミリーカーに悩んだら、ぜひホンダの「N-BOX」を

2011年に発売されてから幅広い世代から高い支持を受けている「N-BOX」は、子育て世帯やファミリー向けのポイントがたくさんあります。

 

乗り降りしやすい広い開口幅や、軽自動車の中でもゆとりある広さで快適な車内空間。

乗る人のことを考えて工夫されている収納スペースなど、N-BOXは家族でお出かけの際に便利な機能が盛り沢山です。

 

軽自動車の中でファミリーカーをお探しの方に「N-BOX」はおすすめです!

 

札幌ホンダでは「N-BOX」の中古車を扱っています(完売している場合もございます)。

今回オススメしたポイントや嬉しい装備などを是非参考に、お気に入りの一台を探してみてくださいね。

 

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

☆大谷地東のお店☆ 国産LEDライト各種取扱いしています!おすすめオプション!

ホンダ「フリード」は子育て世帯...
ホンダ「フィット」は子育て世帯...

関連記事

ミニチュアの車

ホンダ「N-VAN」の年式は?魅力や歴史を詳しく解説!

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

夕方の橋のある風景

ホンダ「グレイス」の年式は?魅力や歴史をくわし...

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

中古車の諸費用とは?内訳や相場を解説!

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店