ホンダ「N-ONE」のグレードの違いを解説!どれを選ぶべき?

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

こんにちは!札幌ホンダ南郷店です。

 

ホンダの軽自動車「Nシリーズ」の1つ、「N-ONE」。

ホンダ初の軽自動車「N360」をモチーフとした、レトロなデザインが人気の軽トールワゴンです。

 

現行の新型モデルには4つのグレードがあるのですが、どれが良いか迷ってしまう人も多いはず。

そこで、N-ONEのグレードごとの特徴や選ぶ時のポイントについてご紹介します。

 

 

ホンダ「N-ONE」のグレードはどう選ぶべき?

N-ONEには、「Original(オリジナル)」「Premium(プレミアム)」「Premium Tourer(プレミアムツアラー)」「RS」の4つのグレードが設定されています。

 

各グレードの間で基本的な装備内容は変わらず、主要装備は次の通りです。

 

  • Honda スマートキーシステム
  • Honda SENSING
  • パーキングセンサーシステム
  • フルLEDヘッドライト(デイタイムランニングランプ付)
  • 前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)
  • 電子制御パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能
  • 運転席&助手席シートヒーター(※Originalは4WD車のみ)
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ
  • 充電用USBジャック
  • プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコン
  • リアシートリマインダー(後席の開閉履歴で荷物や乗員の確認を促す機能)
  • PM2.5対応高性能集塵フィルター
  • 360°スーパーUVカット&IRカットパッケージ

 

なお、RSを除く3つのグレードではFF車と4WD車から選択できます。

 

それでは、各グレードごとの特徴を見ていきましょう。

 

 

Original

N-ONEのエントリーモデルで、かわいらしいフロントフェイスが特徴的なグレードです。

 

インテリアは、ブラック×プラチナホワイトを基調とした明るい構成。

 

足回りは14インチのスチールホイールで、カラードディッシュ状のブラックリングが追加されています。

 

インテリアと同様に、ボディカラーは全体的に明るい印象。

カラー展開は次の通りです。

 

  • フレームレッド
  • プラチナホワイト・パール
  • サーフブルー
  • プレミアムアイボリー・パールⅡ
  • ルナシルバー・メタリック
  • クリスタルブラック・パール
  • フレームレッド&ホワイト
  • プラチナホワイト・パール&ブラック
  • サーフブルー&ホワイト
  • プレミアムアイボリー・パールⅡ&ホワイト

 

 

Premium

Originalの上位グレードで、エクステリアやインテリアは上質なデザインとなっています。

 

エクステリアの至る所にクロームメッキを使用し、上質さを演出。

フロントグリルは大開口・水平基調のデザインで、フロントフェイスは洗練された精悍なイメージが与えられています。

 

インテリアはブラック×チャコールを基調としており、大人っぽい雰囲気を実現。

本革巻きステアリングホイールやインテリアイルミネーションが、より上質な印象をもたらしています。

 

ボディカラーも、シックで上質なイメージを与えてくれるもので構成されています。

カラー展開は次の通りです。

 

  • プラチナホワイト・パール
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック
  • ブリティッシュグリーン・パール
  • プレミアムアイボリー・パールⅡ
  • シャイニンググレー・メタリック
  • クリスタルブラック・パール
  • プラチナホワイト・パール&ブラック
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー
  • ブリティッシュグリーン・パール&シルバー
  • プレミアムアイボリー・パールⅡ&ブラック

 

 

Premium Tourer

Premiumにターボエンジンを搭載したモデル。

 

パドルシフトが搭載されており、マニュアル車のような操作感を楽しめます。

足回りには、15インチアルミホイール(グレーメタル/切削リム)を採用しています。

 

なお、カラー展開はPremiumと同じ内容です。

 

 

RS

スポーティーな走りを追求した最上級グレードで、こちらもターボエンジンが搭載されています。

 

FF車のみですが、トランスミッションはCVTと6速MTの2種類から選択可能。

6速MT車のトランスミッションは、ホンダの2シータースポーツカー「S660」と同じものを搭載しています。

ターボエンジンとの組み合わせで爽快な走りを楽しむことが可能です。

 

CVT車には、RS専用のチューニングが施されています。

アクセル操作やカーブでの減速に対する反応性が優れており、きびきびとした走りを実現。

さらに、パドルシフトが搭載されているので、マニュアル感覚で運転を楽しめます。

 

エクステリアにはダーククロームメッキのモールを採用し、精悍な印象をもたらしています。

テールゲートには大型のスポイラーが付属しており、走りに特化したクルマだということをアピール。

 

そしてマットブラック仕様の15インチアルミホイールが、走行性能の高さを強調しています。

 

ボディカラーにも、スポーティーさを感じさせるものを採用しています。

カラー展開は次の通りです。

 

  • クリスタルブラック・パール
  • プラチナホワイト・パール&ブラック
  • ブリティッシュグリーン・パール&ホワイト
  • プレミアムイエロー・パールⅡ&ブラック
  • サンセットオレンジⅡ&ブラック

 

こちらのコラムでは、N-ONEの年式ごとの特徴をご紹介しています。

あわせてご覧ください。

ホンダ「N-ONE」の年式は?モデルごとの特徴を解説!

 

 

ホンダ「N-ONE」のグレードはどう選ぶべき?

 

グレードごとに特徴の異なるN-ONE。

そこで、グレードを選ぶ時にはどのような点に注目すれば良いか、ポイントをご紹介します。

 

初期費用で選ぶ場合

クルマを選ぶ時、最も重要なのが予算です。

購入時の初期費用をなるべく抑えたいのであれば、おすすめのモデルはOriginal。

 

エントリーモデルといえども標準装備が充実しているので、十分にドライブを楽しめます。

 

 

燃費性能で選ぶ場合

燃費性能も、車選びの重要なポイント。

選ぶならなるべく燃費性能が優れたものを、と考える人も多いでしょう。

 

N-ONEの燃費性能を比較すると、次のようになります(FF車・WTLCモードで比較)。

 

  • Oringnal:23.0km/L
  • Premium:23.0km/L
  • Premium Tourer: 21.8km/L
  • RS:21.8km/L(CVT車)/21.6km/L(6速MT車)

 

燃費性能の良さを追求するのであれば、OriginalかPremiumがおすすめです。

 

燃費や維持費に関する情報は、こちらのコラムで詳しく解説しています。

あわせてご覧ください。

ホンダ「N-ONE」の維持費はいくら?燃費やモデルごとの違いも解説!

 

 

走行性能で選ぶ場合

走り心地の良さを求めるなら、ターボエンジン搭載のPremium TourerかRSがおすすめです。

 

Premium TourerやRSのCVT車はパドルシフトが実装されているので、マニュアル感覚で運転を楽しめます。

 

さらに、走りにこだわりたい人は、RSの6速MT車でよりスポーティーな走りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

ホンダ「N-ONE」の魅力やスペックも確認!

 

グレードごとに異なる特徴を持つN-ONEですが、全グレードに共通する魅力も盛りだくさん。

今回は、その中から特に注目してほしいポイントをご紹介します。

 

 

広い室内空間

N-ONEの室内空間は、ホンダのクルマづくりの基本であるM・M思想(マン・マキシマム/メカ・ミニマム思想)をもとに設計されました。

 

室内空間のサイズは、長さ2,050mm/幅1,300mm/高さ1,195mm。

乗員がくつろげる空間を実現するために、燃料タンクを前席シート下に配置する「センタータンクレイアウト」を採用しました。

 

さらに、インストルメントパネルを削ぎ落とすことで、ゆとりのある空間を追求しています。

 

 

充実した最新機能

N-ONEのもう1つの魅力は、最新の機能が充実していること。

先ほどご紹介した通り、エントリーモデルから便利で快適な装備が揃っています。

 

特に注目すべきところは、「リアシートリマインダー」が搭載されているところ。

これは後席の開閉履歴で荷物や乗員の確認を促す機能で、メーターの横に注意喚起のメッセージが表示されます。

 

国内の軽自動車でこの機能を搭載したのは、N-ONEが初めてとのこと(※2020年11月 ホンダ調べ)。

利便性の優れた機能が充実しているので、安心で快適なドライブを楽しむことができますね。

 

 

N-ONEの魅力は、まだまだたくさんあります。

こちらのコラムで乗り心地についてもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

ホンダ「N-ONE」の乗り心地は?特徴やポイントをご紹介

 

 

N -ONEのクルマ選びは、グレードの違いを知ってから!

ホンダ「Nシリーズ」の1つで、レトロなデザインが人気のN-ONE。

 

展開される4つのグレードは、デザインや走行性能などでそれぞれ異なる特徴を持ちます。

グレード選びのポイントとして初期費用・燃費・走行性能についてご紹介しましたが、他にもポイントになる部分はさまざま。

 

自分にとってピッタリのグレードが選べるように、それぞれの違いをしっかり把握しておくことをおすすめします。

 

札幌ホンダでは、N-ONEの中古車も取り扱っております(※ただし、完売の場合もございます)。

購入をご検討の際は、ぜひ札幌ホンダへご相談ください!

 

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

南郷通20丁目のお店です! 残価据置型ローン始めました!車両本体価格から一定額を据置!月々のお支払が大幅に削減されます♪

ホンダ「N-WGN」はキャンプ...
ホンダ「N-ONE」でキャンプ...

関連記事

中古車購入の必要書類と書類取得方法を事前にチェ...

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店

湖畔に停まる車

人気のCR-Vとヴェゼルを徹底比較!それぞれの魅力...

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

中古車購入の法定整備とは?車検とは何が違うのか

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店