ホンダ「N-ONE」の中古車でおすすめは?選び方のポイントや相場も

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

こんにちは!札幌ホンダ南インター店です。

 

N-ONEはホンダが販売する軽トールワゴンで、ホンダ初の軽自動車「N360」をモチーフとしたレトロなデザインが特徴的な一台。

 

2012年発売の初代モデルと2020年発売の2代目モデルがあり、中古車として購入したい場合にどちらを選ぶか迷うという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はN-ONEの各モデルの特徴を踏まえつつ、中古車で購入するときのおすすめモデルや選び方のポイント、中古車価格の相場などをご紹介します。

 

 

ホンダ「N-ONE」とは?魅力をご紹介

N-ONEは、ホンダが展開する軽自動車シリーズ「Nシリーズ」の第3弾として、2012年11月に発売された軽トールワゴン。

 

デザインはホンダ初の軽自動車「N360」がモチーフとなっており、「丸・四角・台形」を基本の形としたレトロな外観が特徴的なクルマです。

 

ホンダのクルマ作りの基本コンセプトである「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」に基づいて開発されており、大人4人でもゆったり過ごせる室内空間が最大の魅力となっています。

 

また、頑丈で軽いボディや高性能のエンジン、安定性の高い足回りによって、街中や高速道路など様々なシーンで快適な走り心地が楽しめところも魅力の一つです。

 

坂道発進の後退を防ぐHASやエアバッグシステム、万が一の際に後続車へ注意を促すエマージェンシーストップシグナルなど、安全面も充実しています。

 

さらに、全ての窓に日差し対策を施した「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」や、空気清浄に加えて肌へのうるおい効果もある「プラズマクラスター搭載フルオート・エアコンディショナー」の搭載など、女性ユーザーに喜ばれそうな快適装備も豊富です。

 

N-ONEの特徴は、こちらの2つのコラムでも紹介しているのでぜひご覧ください。

ホンダ「N-ONE」の維持費はいくら?燃費やモデルごとの違いも解説!

ホンダ「N-ONE」は子育てファミリーにぴったり!その理由も

 

 

ホンダ「N-ONE」の中古車はどれがおすすめ?

 

N-ONEには、2012年発売の初代と2020年発売の2代目の2つのモデルがあります。

それぞれの特徴や、おすすめのポイントを紹介します。

 

初代モデル(2012年〜2020年)

N360をモチーフに作られた初代N-ONEは、まずそのデザインで高い評価を得ました。

丸目のヘッドライトは親近感を持たせ、足元にボリュームがあるどっしりした台形ボディは安定感を演出しています。

 

室内空間は、大人4人が乗車してもストレスなく快適に過ごせるほどの広さ。

後席や荷室にゆとりがあるため、大きな荷物や高さのある荷物を運ぶことも可能です。

 

搭載されたS07A型直列3気筒エンジンは、上り坂もスムーズに走る力強い走行性能を実現。

燃費性能も優れており、FF車・4WD車ともに「平成27年度燃費基準+20%」を達成しました。

 

グレードは、エントリーモデルの「G」、上位グレードの「Premium(プレミアム)」、ターボ仕様の「Tourer(ツアラー)」。

さらに、それぞれに装備が充実したバージョン「Lパッケージ」も設定されています。

 

2015年には、立体駐車場への入庫に対応するために全高を下げた「LOWDOWN(ローダウン)」がGとPremiumに追加されました。

 

2017年にはグレードを一新し、Gは「Standard(スタンダード)」へ変更され、スポーティモデルの「RS」と上質な内装の「Select(セレクト)」も追加。

そして、全グレードでLパッケージ・LOWDOWN・Tourerが選択可能となりました。

 

なお安全性能に関しては、2014年のマイナーチェンジでシティブレーキアクティブシステムやサイドカーテンエアバッグシステムを搭載した「あんしんパッケージ」が、全グレードにオプション設定されています。

 

2代目モデル(2020年〜)

2020年にフルモデルチェンジが行われ、2代目N-ONEが誕生しました。

 

デザインは「丸・四角・台形」の基本の形を受け継ぎながら、バンパー下部の造形に踏ん張り感を出し、ヘッドライトに彫りの深さを持たせることで前進する勢いを演出。

さらにリア部分は、バンパーコーナーに広がるリフレクターを採用することで安定性を演出しています。

 

室内空間は、可能な限りムダをなくすことで、くつろぎやすく開放感のある空間を実現。

インストルメントパネルは助手席の足元が広がるように設計され、さらに左右に広がるデザインにしたことで視覚的にも開放感のある空間になりました。

 

また、燃料タンクを前席下に収める「センタータンクレイアウト」を採用したことで、初代よりさらにゆとりのある居住空間を確保。

使い勝手の良い収納も充実しており、利便性が高く快適な乗り心地を楽しめる一台です。

 

エンジンは、さらに走行性能や燃費性能に優れたS07B型直列3気筒エンジンを搭載。

トランスミッションは初代はCVTのみでしたが、2代目には6MTも設定されています。

 

安全面では、ホンダ独自の先進安全運転支援システム「Honda SENSING」が全車で標準装備になりました。

衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能など、さまざまな機能を持つシステムが搭載されたことで、安全性能は大幅に向上しています。

 

グレートは、エントリーモデル「Original(オリジナル)」、上位モデル「Premium」「Premium Tourer」、スポーティータイプ「RS」の4つ。

Premium TourerとRSはターボ仕様となっているほか、RSのみ6MTが設定されています。

 

各年式ごとの特徴は、こちらのコラムでも解説していますので合わせてご覧ください。

ホンダ「N-ONE」の年式は?モデルごとの特徴を解説!

 

中古車ではどの年式ののモデルが狙い目?

N-ONEは初代と2代目、中古車として買う場合はどちらを選べば良いか迷う人もいるかと思います。

 

初代N-ONEの中古車は、2代目と比較すると安い価格で購入できるところが最大のポイント。

物によっては10万円未満で購入することも可能です。

 

また、市場に出回っている車両の台数も多いため、お気に入りの一台を探すのも比較的容易。

2015年から各グレードに追加されたLOWDOWNは、都市部に多い立体駐車場に対応できる高さとなっているので、利便性の面でもおすすめです。

 

2代目N-ONEは、発売から間もないため中古車市場に出回っている台数が少なく、価格も高めです。

しかし利便性や走行性能、安全性能は格段に向上しているため、長く安心して乗ることを考えている人にとってはおすすめです。

 

札幌ホンダではN-ONEの中古車も取り扱っておりますので、ぜひご確認ください。

(※完売している場合もございます。)

 

 

ホンダ「N-ONE」の中古車を選ぶ際のポイント

 

N-ONEの中古車を選ぶとき、どのような部分を重視したいかがとても重要となります。

そこで、N-ONEの中古車を選ぶ際のポイントを、次の4つに分けてご紹介します。

 

デザイン

N-ONE の外観は、初代・2代目の間に大きな違いは見られません。

どちらもカラーバリエーションが豊富で、ホワイトやシルバーなどの定番カラー以外にも、アッシュグリーンやサーフブルーといった個性的なものもあります。

 

さらに、ルーフ部分の色が異なるツートンカラーも展開されているので、自分の個性にあったものを選ぶと良いでしょう。

 

インテリアについては、2代目の方が開放感があり、居住空間もより広い設計となっています。

インテリアのデザインやスペースの広さを重視するのであれば、2代目がおすすめです。

 

走行性能

走行性能については、S07B型を搭載した2代目が優れています。

 

その中でも、ターボ仕様のPremium TourerやスポーティーモデルのRSは特に力強い走りを見せてくれるでしょう。

 

新しいモデルのため在庫台数は少ないですが、走りにこだわるのであればこの2つがおすすめです。

 

安全装備

安全装備について、初代モデルを選ぶのであればあんしんパッケージがオプション設定となった2014年式以降がおすすめです。

 

さらに高性能な安全装備を求めるのであれば、やはりHonda SENSINGが全車標準装備となった2代目が最適でしょう。

 

価格

N-ONEの中古車は、105万〜230万円が相場価格となっています。

年式が古いものであれば、10万円台からの購入も可能です。

※2021年12月23日現在

 

特に2013年式の中古車は販売台数がもっとも多く、お手頃な価格帯となっています。

初期費用を抑えたい場合や、短期間で次のクルマに乗り換える予定であれば初代モデルの中でも年式が古いものを選ぶと良いでしょう。

 

それとは反対に、長く乗る目的ならば初代の後期モデルか2代目を選択するのがおすすめです。

 

中古車探しのポイントは、他にもたくさんあります。

こちらのコラムでもご紹介していますので、合わせてご覧ください。

自分に合った中古車の探し方、どうやって見つけよう?

 

 

ホンダ「N-ONE」の中古車価格の相場は?

 

N-ONEの中古車の平均価格は、初代モデルが68.6万円、現行モデルは163.2万円です。

現在市場に最も多く出回っているのは、2013年式です。

 

2021年12月23日現在の年式別中古車価格(本体価格)の相場は、次の通りです。

  • 2012年式:10万円台〜120万円台
  • 2013年式:10万円未満〜120万円台
  • 2014年式:10万円台〜130万円台
  • 2015年式:20万円台〜150万円台
  • 2016年式:20万円台〜160万円台
  • 2017年式:60万円台〜140万円台
  • 2018年式:50万円台〜170万円台
  • 2019年式:60万円台〜160万円台
  • 2020年式:120万円台〜220万円台
  • 2021年式:100万円台〜230万円台

 

※上記は全て本体価格の相場で、購入時には初期費用や税金などが加算されます。

※グレードやオプションなどの詳細条件を区別しない相場であり、査定額にはオプションやエアロなどのカスタマイズ内容が影響することもあります。

 

ちなみに、走行距離別では5万〜7万km台のものが多く市場に出回っています。

2013年式のモデルは、本体価格10万円未満から購入可能なものもあります。

 

 

ホンダ「N-ONE」の中古車は、安全性の高い2代目がおすすめ

ホンダN-ONEは、N360をモチーフとしたレトロな外観が特徴的な一台。

初代・2代目ともにカラーバリエーションが豊富なので、自分の個性に合ったものを探しやすいクルマです。

 

2代目は発売開始から間もないこともあり、中古車市場では初代モデルの在庫が豊富で価格帯も安くなっています。

 

しかし、Honda SENSINGが標準装備となった2代目は安全性能が格段に向上しているので、資金に余裕があるのであれば2代目の中古車を探すことをおすすめします。

 

また、初代モデルでも2014年以降であればあんしんパッケージがオプション設定となっているので、搭載された中古車を探すのも良いでしょう。

 

札幌ホンダではN-ONEの中古車も取り扱っておりますので、ぜひご確認ください。

(※完売している場合もございます。)

 

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

☆大谷地東のお店☆ 国産LEDライト各種取扱いしています!おすすめオプション!

ホンダ「オデッセイ」の中古車で...
ホンダ「CR-Z」の乗り心地は...

関連記事

海岸に停まるスポーツカー

ホンダ「S660」の年式は?特徴や魅力を解説!

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

スキーを積んだおもちゃの車

ホンダ「N-ONE」の年式は?モデルごとの特徴を解説!

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

「車の買い替え」と「車検を通す」お得なのはどっ...

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店