ホンダ「N-WGN」はキャンプ向き?車中泊の方法やコツも紹介

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

こんにちは!札幌ホンダ 南インター店です。

 

ホンダの軽自動車「Nシリーズ」の1つである「N-WGN」は、使い勝手が良いことで人気のクルマです。

そんなN-WGNは、アウトドアでも大活躍。

キャンプや車中泊にとても向いているクルマなんです。

 

今回は、N-WGNがキャンプや車中泊に向いている理由をご紹介。

そして、車中泊を快適に過ごすコツについても解説します。

 

 

ホンダのN-WGNはキャンプ向き!その理由や荷物の積み方を紹介

N-WGNがキャンプ向きである理由は、荷室にあります。

 

とはいえ、荷室のどのようなところがキャンプ向きなのか気になるところですよね。

そこで、N-WGNの荷室の特徴についてご紹介します。

 

キャンプ道具を効率よく積むコツも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

キャンプ向きな理由

N-WGNの荷室がキャンプ向きである理由は、その使い勝手の良さ。

荷室の広さは、幅1,114mm/奥行き約200〜572mm(後席最前端スライド時)/高さ1,056mm。

 

奥行きが狭いという印象を受けるかもしれませんが、後席シートを倒せば約1,300mmまで拡張できます。

 

また、備え付けのボードで上下を仕切ることも可能。

荷物の特徴に応じて、上下に積み分けができるのでとても便利です。

 

さらに、荷室開口部の地上高が低いということも重要なポイント。

N-WGNは低床設計を採用しているため、開口部の地上高約490mmという低さを実現しています。

2段に分けた場合でも、上段までの高さは約730mm。

 

この設計のおかげで、重い荷物もあまり持ち上げることなく楽に積むことが可能です。

 

 

効率よく荷物を積むコツ

キャンプに必要な道具は、意外とたくさんあります。

そのため、荷室のスペースを上手に利用して積んでいくことが大切。

さらに、キャンプ地で利用するタイミングを考えて積むことも重要です。

 

そこで、N-WGNの荷室に効率よく荷物を積むコツをご紹介。

方法は次の通りです。

 

ボードで二段に分ける

効率よく荷物を積むために、まずはボードで荷室を上下に分けましょう。

ボードの耐荷重は50kgなので、上段にもしっかり荷物を積むことができます。

 

後席シートの片方をたたむ

より多くの荷物が積み込めるように、後席のどちらか片方はたたんでおきましょう。

こうしておけば、長さのある荷物も安心して積むことができます。

 

下段にテントを積む

最も大きくて重いテントは、荷室の下段に積みます。

長くてまとめにくいポール類も、一緒に積むといいでしょう。

 

ボードは後席背面のコンビニフックに掛けて跳ね上げられるので、下段に荷物を詰め込む際は活用することをおすすめします。

 

上段は平面を確保しながら積む

残りの荷物を上段に積むときは、平面を確保しながら積んでいくのがコツ。

重ねた荷物が安定するように、できるだけ平らな状態を作るようにしましょう。

 

テーブルなどの長さのある荷物は、後席を倒した側のスペースに積みます。

その上にラック類を積んでいくのが良いですね。

 

キャンプ場ですぐ使用したいもの(イス、テーブルなど)は、後席ドア側に積んでおくと良いでしょう。

 

クーラーボックスを一番手前に積む

クーラーボックスは一番手前に来るように、最後に積み込みましょう。

道中で買った食料や飲料をすぐに保管できるので、とても便利です。

 

柔らかいものをクッションがわりにする

寝袋などの柔らかい素材でできたものは、荷物と荷室の間に挟むようにして積みましょう。

クッション代わりになり、荷物のずれや破損を防ぐことができます。

 

 

ホンダ「N-WGN」での車中泊はどう?

 

キャンプといえば、テントで一晩を過ごすものというイメージを持っている人は多いでしょう。

しかし、最近は車の中で寝泊まりする車中泊を選択する人も増えつつあります。

 

N-WGNは、実は車中泊にも向いているクルマ。

その理由をご紹介します。

 

 

広い就寝スペースを確保できる

N-WGNが車中泊向きである理由は、広い就寝スペースを確保できるから。

 

N-WGNの室内のサイズは、長さ2,055mm/幅1,350mm/高さ1,300mm。

前席シートをヘッドレストを外した状態で倒し、後席シートを前に倒せば広々とした就寝スペースが出来上がります。

 

荷室の下段に荷物が収納できるので、荷物でスペースを取られる心配もありません。

 

 

シートが心地よい

N-WGNが車中泊向きであるもう1つの理由は、シートが心地よいということ。

 

素材の柔らかさに加えて程よい厚みがあるため、体重がかかると凹凸がならされて心地よさが持続します。

 

また、シートベルトのバックルが体に当たらないよう設計されているのもポイント。

固いものとの接触による不快感が無いため、安心して就寝できます。

 

 

N-WGNの特徴は、こちらのコラムでも詳しくご紹介しています。

ぜひご覧ください。

ホンダ「N-WGN」の乗り心地は?特徴やポイントをご紹介

 

 

ホンダ「N-WGN」での車中泊の方法もご紹介

 

車中泊に向いているN-WGNですが、より快適に過ごすためには少し工夫が必要です。

そこで、N-WGNでの車中泊を快適に過ごすためのコツをいくつかご紹介します。

 

 

段差解消の対策を行う

シートアレンジによって広い就寝スペースが確保できるN-WGNですが、どうしても段差が生じてしまいます。

いくらシートが心地よいと言っても、段差が気になり眠れないという人もいるはず。

 

そのような問題を解消するために、車中泊用のマットレスを用意することをおすすめします。

厚みが5cmほどあるものだと、段差はほとんど気にならなくなりますよ。

 

シートとマットレスの間の隙間を埋めるスペースクッションがあると、寝心地がさらに良くなります。

 

 

サンシェードなどで目隠しをする

車中泊の際は、車内のプライバシーを守る対策も重要です。

窓にサンシェードやカーテンを装着し、目隠し対策を行いましょう。

プライバシーを守るだけでなく、盗難などの犯罪防止にも役立ちます。

 

夜間は外からの光を遮ることもできるので、睡眠時間の確保にも有効ですよ。

 

窓のサイズにピッタリ合うN-WGN専用の純正サンシェードもあるので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

N-WGNでキャンプや車中泊を楽しもう!

N-WGNの荷室は使い勝手が良く、低床設計で荷物が積み込みやすい構造が特徴。

そのため、多くの道具が必要になるキャンプにも向いています。

 

上下を仕切るボードやスペースを有効活用すれば、キャンプ道具を積み込むのには十分です。

 

また、シートアレンジによって広い就寝スペースが確保できるところもポイント。

段差を解消するグッズを活用すれば、車中泊も快適に過ごすことができますよ。

 

札幌ホンダでは、N-WGNの中古車も取り扱っております(※ただし、完売の場合もございます)。

購入をご検討の際は、ぜひ札幌ホンダへご相談ください!

 

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

☆大谷地東のお店☆ 国産LEDライト各種取扱いしています!おすすめオプション!

ホンダ「N-WGN」のグレード...
ホンダ「N-ONE」のグレード...

関連記事

悩む女性

車の買い替え、目安はどこで判断しているの?

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

オデッセイの年式は?モデルごとのグレードやスペ...

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店

中古車の諸費用とは?内訳や相場を解説!

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店