ホンダN-BOXとN-BOX SLASH(スラッシュ)の違いはここ!

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

青い車の扉

こんにちは!札幌ホンダ 南インター店です。

 

高い人気を誇るホンダのトールワゴン型軽自動車「N-BOX」。

 

そして、ホンダのミニバン技術の結晶ともいうべきこの「N-BOX」から派生して登場したのが「N-BOX SLASH(スラッシュ)」。

 

ファミリー向けのハッチバックとして、走行性能や燃費性能、室内空間に至るまで高い評価を得ている「N-BOX」ですが、ベースが同じでも別の車種であるとカテゴライズされている「N-BOX SLASH(スラッシュ)」とはどこが違うのでしょうか?

 

今回は、乗り換えでどちらかのクルマの購入を検討されている方のために、その注目ポイントと魅力を比較しながら紹介したいと思います。

 

 

N-BOXとN-BOX SLASH(スラッシュ)の基本スペックの違い

同じ「N-BOX」という存在でありながら、似ているようで似ていない「N-BOX」と「N-BOX SLASH(スラッシュ)」。

 

まずはお互いの特徴や走行性能など、それぞれのスペックの違いを比較してみましょう。

 

「N-BOX」「N-BOX SLASH(スラッシュ)」外見の違いを比較!

初代「N-BOX」は2011年に発売し、2017年9月には2代目が登場。

 

常に変わらぬ人気を維持続けている理由は、軽自動車のボディサイズからは想像できない広々とした室内空間にあります。

 

前席、後席ともにスペースが確保されているので、小型のミニバンに匹敵する荷室容量を実現。

 

特に、天井までの高さが1.4mあるのでお子様のお世話もしやすいです。

 

「N-BOX」※FF

  • 全長×全幅×全高(mm) 3,395×1,475×1,790
  • 客室内(mm)長さ/幅/高さ 2,240(スローブ仕様は2,060)×1,350×1,400

 

「N-BOX SLASH(スラッシュ)」は、2014年に「N-BOX」の基本性能をベースに誕生。

 

やはり特徴的なのはその外観で、「N-BOX」の屋根部分をバッサリとカットしたチョップドルーフです。

 

「N-BOX」と「N-BOX SLASH(スラッシュ)」共に全長と全幅は3,395m×1,475mですが、全高だけは「N-BOX SLASH(スラッシュ)」が0.120m低く、まるでクーペを思わせるような個性的なデザイン。

さらに、2018年のマイナーチェンジではインテリアカラーとボディカラーの追加もあり、まさに個性と遊び心、スタイリッシュなデザインを重視したクルマと言えるでしょう。

 

「N-BOX SLASH(スラッシュ)」※FF

  • 全長×全幅×全高(mm) 3,395×1,475×1,670
  • 客室内(mm)長さ/幅/高さ 2,180×1,355×1,290

 

見た目の違いは全高とデザインだけではありません。

 

「N-BOX」はファミリーカーとして実用性重視のスライドドアであるのに対して「N-BOX SLASH(スラッシュ)」の後部座席のドアはヒンジドア。

しかも通常の位置に取っ手が無く、実は後部ウインドウの横にあるのです。

 

実用性を重視した「N-BOX」とデザインに特化した「N-BOX SLASH(スラッシュ)」。

 

外見を見ればそのコンセプトの違いは一目瞭然ですね。

 

 

「N-BOX」と「N-BOX SLASH(スラッシュ)」走行性能や燃費の違いも比較!

「N-BOX」※FF

  • 最高出力 43KW(58PS)/7,300rpm
  • 最大トルク 65N・m (6.6kgf・m)/4,800rpm
  • JC08モード燃費 27.0㎞/L

 

「N-BOX SLASH(スラッシュ)」※FF

  • 最高出力 43kW(58PS)/7,300rpm
  • 最大トルク 65N・m (6.6kgf・m) /4,700rpm
  • JC08モード燃費 25.8km/L

 

 

「N-BOX」と「N-BOX SLASH(スラッシュ)」、共に力強い走りと伸びやかな加速、そして低燃費がバランス良く融合した高性能DOHCエンジンを搭載しているので、街中や坂道での加速性能や高速道路での快適さは折り紙付き。

 

どちらもエンジンがターボと2種類あり、ターボは最高出力が47kW(64PS)/6,000rpm、最大トルクが104N・m (10.6kgf・m)/2,600rpm、JC08モード燃費がN-BOX SLASHが23.0〜24.0km/LでN-BOXが25.0〜25.6km/Lになっています。

 

FF車でご紹介していますが、それぞれ4WD車もラインアップされているので、寒冷地や降雪地帯での雪道でも安心して運転できます。

 

「N-BOX SLASH(スラッシュ)」がベースとなる旧型「N-BOX」の優れたパッケージングを踏襲しているため、動力性能に大きな差は見られません。

ですが2017年のモデルチェンジを果たした新型「N-BOX」は、旧型と比べ重量、燃料タンク容量が小さくなっているため、「N-BOX SLASH(スラッシュ)」よりも多少減速比が小さいという違いがあります。

 

また、燃費性能についても旧型よりも車重が軽くなった新型「N-BOX」のほうがわずかに高いようです。

 

 

「N-BOX」と「N-BOX SLASH(スラッシュ)」の乗り心地と安全面の違いは?

車のラゲッジスペースに座る女の子

 

「N-BOX」と「N-BOX SLASH(スラッシュ)」、乗り心地や安全面での比較もしてみましょう。

 

どちらも快適な室内空間にこだわりが!比較点は?

ファミリーカーをうたっている「N-BOX」がこだわっているのは、広い室内が生み出す快適な居住性と積載性です。

 

燃料タンクを前席の下に搭載することで、大人4人が余裕をもって座れる広さを確保。

 

それに加え、防音材や防音効果の高いカーペットも採用したことでエンジンのノイズ音が抑えられ、軽自動車であることを忘れるほどの静けさを実現しています。

 

「N-BOX SLASH(スラッシュ)」の特徴は、なんといってもインテリアのバリエーションの多さです。

 

「N-BOX」は新型でも内装パターンは1種類のみですが、「N-BOX SLASH(スラッシュ)」はインディロックスタイルやダークスタイル、ダイナースタイルなど、個性を存分に表現できる8パターンが用意されています。

 

もちろん旧型とはいえ「N-BOX」をベースにしているので、室内のゆとりもありシートアレンジも多彩です。

 

 

「N-BOX」と「N-BOX SLASH(スラッシュ)」の安全性能

「N-BOX」には、衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能など10種類の機能からなる安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準搭載。

 

たとえば、風の強い日での高速道路の走行中に万が一ふらつきやすくなっても、車線維持支援システムによりクルマが車線を維持するサポートをしてくれるので安心。

 

対象の位置や速度の測定に強いミリ波レーダーと、対象の形や大きさの識別をしてくれる単眼カメラなどを駆使した融合した検知機能で、安心・快適な運転をサポートします。

 

「N-BOX SLASH(スラッシュ)」には「ホンダセンシング」が搭載されていませんが、シティーブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)が装備されており、約30km/h以下での前方車両との衝突の回避・軽減を、自動(衝突軽減)ブレーキで支援してくれます。

 

どちらも北国の雪道での運転もしっかりサポートしてくれる安全性能。

N-BOXと雪道の関係性については、こちらでも詳しくご紹介しています!

N-BOX(Nボックス)と雪道の相性は良い?冬道でのドライブについて

 

 

まとめ

「N-BOX」と「N-BOX SLASH(スラッシュ)」は、見た目やインテリアの部分で大きな違いがありますが、ゆとりある車内空間や実用性、動力性能や運転のしやすさなどは共通しています。

 

ファミリー向けのユーティリティを重視するか、個性やデザインなどの娯楽性を重視するか、コンセプトの差別化がはっきりしているので、生活スタイルや用途が選択のポイントになりそうです。

 

今回比較したポイントを参考に、ぜひ自分に合った1台を選んでくださいね。

N-BOX・N-BOX SLASH(スラッシュ)の中古車情報はこちら!

 

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

☆大谷地東のお店☆ 国産LEDライト各種取扱いしています!おすすめオプション!

ホンダステップワゴンとフリード...
ホンダ オデッセイとステップワ...

関連記事

アメリカのハイウェイ

ホンダ・シビックの雪道でのパフォーマンスは?冬...

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

ホンダCR-Vの雪道での実力?冬道のドライブは大丈夫?

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

ブロックの車のタイヤ交換をするデッサン人形

中古車を買うならタイヤのチェックも忘れずに!見...

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店