中古車こそ試乗すべき!ポイントを押さえて納得のマイカー購入

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

車を購入する際には、どんな車でも一度試乗してみるのが一番良いとされています。

 

新車の場合、試乗出来ることがほとんどですが中古車は必ず試乗出来るとは限りません。

中古車の状態は様々なので、一度試乗し車両の状態をしっかり見極めることをおすすめします。

 

今回は、より良く中古車を購入するための試乗ポイントについてご紹介します。

 

 

中古車の試乗とは!?

中古車を購入する際には、新車購入以上に慎重にならなければいけません。

 

何故なら、新車と違って中古車はしっかり整備されていても前のオーナーがいた車です。

価格が安いからといって試乗せずに購入してしまうと後々後悔する可能性もあります。

 

基本的に新車は試乗車が用意されており、予め公道を走れる状態で店頭に並んでいる場合がほとんどですが、中古車はそうとは限らず車検が切れていると公道を走ることが出来ません。

 

車両や販売店により条件は様々ですが、販売店が保険に加入していない場合や買取契約中で在庫がない場合も試乗することは出来ません。

試乗の際に保険加入がなければ事故を起こしてしまった場合、運転者が全額実費で支払うことになります。

 

インターネットや雑誌などで、お気に入りの中古車を販売店に見に行く前には必ず試乗できるかを確認しましょう。

もし店頭で走行出来ない中古車であっても、エンジンをかけることで最低限のチェックは可能になります。

 

 

中古車の試乗が必要な理由

新車は生産管理が徹底されているので、常に一定基準以上の車両に出会うことができ、試乗しなくても大きな問題はありません。

 

中古車の試乗が必要な理由は「自分自身で運転することで現在の車両の状況や性能が分かり、必要に応じて整備やパーツ交換できるから」です。

 

中古車も販売店が買取時にしっかりと整備をしていますが、前の所有者が何年も、または何万kmと乗っており、使い方によってエンジンやギアなどの調子も新車と比較し大きく変わってきます。

衝突などがあれば各パネルパーツの隙間や段差なども出てきます。

納車後に不具合があった場合、修理箇所によっては時間を要することがあります。

 

また、修理費用が自己負担になる可能性もありますので「事前に不安な箇所を見つけ、万全な状態で納車してもらう」ためにも、試乗は重要な役割を担います。

自宅から離れた販売店で購入する場合も、実際に足を運び試乗することで購入後のトラブルを少なくしたり購入時保証の有無を判断する基準にすることが出来ます。

 

中古車は安く購入出来るからこそ、自分自身で車両の状態を見極めることが大切です。

 

 

中古車を試乗するときのチェックポイント

実際に中古車を試乗したときには、最低限押さえたいチェッックポイントがいくつかあります。

 

エンジン系統のチェック

エンジン系統は、一番慎重に、じっくりとチェックすることをオススメします。

エンジン系統が故障してしまえば、もちろんその車両は走ることができません。

 

購入後オ―バーホール(分解点検修理)をするなら、安くても数十万の修理費用が発生します。

そのためやむを得ず廃車にするというケースすらあります。

 

エンジンは冷えた状態と温まった状態でかかり具合が変化するので、ムラが激しいと傷んでいる可能性があります。

試乗開始時と終了間際でかかり具合が違うのか、確認しましょう。

 

長期間在庫であった車両は以前の使い方によって、バッテリーが上がっている可能性もあります。また、バッテリーそのものが寿命に近いかもしれません。

このような場合は、納車までにバッテリー交換を依頼する必要も出てきます。値段交渉などに多少なりとも影響を与えますので、やはりエンジンはかけてみる必要があります。

 

仮に試乗を断られたとしても車両が販売店にある場合はエンジンをかけてもらいましょう。

車内に入らなくてもエンジン等のノイズや振動などは把握することが出来ます。

公道での試乗が可能であれば、加速時にエンジンの回転が上昇するときの滑らかさとノイズを確認しましょう。

 

 

ハンドルやブレーキの感覚

走行中は一例として次のような点をチェックしましょう

 

・一定速度で走行出来るのか
・多少ハンドルを手放しても左右にぶれずまっすぐに走行するか
・また曲がる時に引っかかりやひきずりなど違和感がないか。
・アクセルやブレーキのかかり具合
・ミッションの入り具合と変速ショックの反動が大きくないか
・スムーズに加速するか

 

ハンドリングの感覚もただ握るだけでなく色々操作をしてみましょう。

左右の曲がり具合に差がないか、ステアリング操作がしやすいかなど細かな所まで確認しましょう。

 

 

走行時に気になるノイズがないか

前オーナーの車の扱い方によっては、タイヤ自体が古くなり走行中に「タイヤノイズ」が発生することがあります。

もちろん、路面自体の状況(継ぎ目や凸凹が多色面を高速で走行する場合など)によるタイヤノイズもありますが、空気圧減少やタイヤの劣化のサインとしてノイズが鳴ることもあります。

気になる音が聞こえたら走行後、タイヤ自体の空気圧や溝の具合、サスペンションも実際に目視で確認しましょう。

 

 

 

気になる中古車には、納得がいくまで試乗してみよう!

 

一度の試乗で中古車購入を決めてしまうことはオススメできません。

 

中古車を試乗するときは、ディーラー以外の同乗者(家族や友人など)と一緒に乗り、客観的な乗り心地を判断してもらうと、運転手には気づかない車の特徴を発見できる可能性が高まります。

 

もし複数の車両に試乗する際には、操作感などをメモや動画、写真などで記録することもオススメです。
運転前に車両のインテリアやエクステリアを確認し、乗車中のエンジン音なども含めて記録しておきましょう。

 

また、昼間だけでなく夜にも試乗を行いましょう。
悪天候時も運転の感覚や室内の雰囲気が大きく違います。
判断材料は多いに越したことはありません。

 

記録したメモ等を参考に、お気に入りの中古車を吟味し2回目以降の試乗をします。

中古車はそれぞれの車両にも違いが大きく、自分の望む車を見つけるのは容易ではありません。

しかし、条件の許す限り複数の車両にいろいろなシチュエーションで試乗できれば、より納得のいく車両に出会いやすくなります。

 

ぜひ色んな車両を比較し、納得がいくまで試乗してみましょう。

 

 

自身で試乗することで安心して中古車を購入しよう!

比較的お得に購入できる中古車といえど、維持費などを含めば大きな買い物であることには変わりありません。

安心して乗れる車両を見つけることは中古車購入ではより重要になります。

 

試乗する際には、注目したいポイントをふまえ、シチュエーションを変えて試乗することで安全な中古車を購入することが出来ます。

販売店に事前に試乗可能かをしっかりと確認し、試乗の際は乗った感覚を大事にし、素敵な中古車を見つけましょう。

 

中古車を買うなら札幌ホンダへ!

営業スタッフ全員が資格を持つ安心の中古車ディーラーです。
北海道最大規模の中古車数を保有しているので、欲しい車がきっと見つかります!

 

 

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

☆大谷地東のお店☆ 国産LEDライト各種取扱いしています!おすすめオプション!

車の下取りと買取の違いとは?ど...
車の買い替えサイクルは平均どの...

関連記事

車の品川ナンバー

中古車のナンバーって変えるもの?希望のナンバー...

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

中古車もエコカー減税の対象!エコカー減税と「中...

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

悩む女性

車の買い替え、目安はどこで判断しているの?

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店