ホンダ「ステップワゴン」は何人乗り?荷室の使い勝手もチェック!

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

家族でドライブ

こんにちは!札幌ホンダ西店です。

 

ホンダを代表するミニバン「ステップワゴン(STEP WGN)」は、ファミリー層を中心に高い人気を誇るクルマです。

その理由として、広くてゆとりのある室内空間を持つことが挙げられます。

 

そんなステップワゴンですが、実際に何人まで乗ることができるのでしょうか。

 

また、荷室の使いやすさについて気になる人もいるでしょう。

 

そこで今回は、ステップワゴンの乗車定員数や荷室の使い勝手についてご紹介します。

 

 

ホンダ「ステップワゴン」はどんな車?

ステップワゴンはホンダを代表するミニバンの一つ。

1996年に初代モデルが発売されて以降、ファミリー層を中心に高い人気を獲得し続けてきた車両です。

 

2022年5月には、6代目となる新型モデルが誕生しました。

 

新型モデルには、次の3つのタイプがあります。

  • シンプルなデザインの中に上質感が感じられる「STEP WGN AIR(エアー)」
  • 伸びやかな流れと力強さを表現した「STEP WGN SPADA(スパーダ)」
  • 上質で大人の余裕があり、機能がさらに充実した「STEP WGN SPADA PREMIUM LINE(スパーダ プレミアム ライン)」

 

パワートレーンは、ホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イー エイチ イー ブイ)」搭載のハイブリッドモデルと、1.5L直噴VTEC TURBOエンジン搭載のガソリンモデルの2種類が用意されています。

 

なお、新型ステップワゴンは従来のモデルよりもさらに優れた乗り心地を体験できます。

 

まず、ホイールベースの延長とトレッドの前を拡大したことにより、直進時や旋回時の走行安定性が高まりました。

 

そして遮音材・吸音材の追加やフロアの剛性を高めたことによって、高いレベルの静粛性や乗り心地を獲得しています。

 

さらに、安全面においても進化しました。

新型モデルでは、最新の安全運転支援システム「Honda SENSING(センシング)」が全タイプに搭載されています。

 

加えて、アダプティブクルーズコントロール(ACC)に渋滞追従機能が追加されました。

 

他にも後方誤発進抑制機能や近距離衝突軽減ブレーキなどの新たな機能が追加されているので、安全性能がとても充実しています。

 

 

ホンダ「ステップワゴン」は何人乗り?

チャイルドシート

 

ステップワゴンの基本の乗車定員数は7人で、オプションで8人乗りにすることもできます。

 

ボディサイズは、全長4,800〜4,830mm/全幅1,750mm/全高1,840〜1,855mm。

 

室内空間のサイズは、長さ2,845mm/幅1,525〜1,545mm/高さ1,395〜1,425mmとなっています(全幅・全長・幅・高さはグレードによって変動)。

 

7人乗りタイプのシート構成は、「前列2名+2列目2名+3列目3名」。

 

2列目が左右分割のキャプテンシートになっており、前後のロングスライドができるというのが大きな特徴です。

最大780mm※スライドさせることができ(内寄せ時ロングスライド量)、さらに左右個別にスライドさせることが可能。

※STEP WGN e:HEV AIR、STEP WGN AIRの場合は865mm

 

後席に3人座る場合、3列目シートの片方を格納して2列目シートそれぞれを前後にずらしてプライベートな空間を作るなど、乗車人数やシーンにあわせたシートアレンジを楽しむことができます。

 

また、2列目にはオットマンが備わっているので、足を伸ばしてくつろぐこともできますよ。

 

一方、8人乗りの場合は2列目が6:4分割ベンチシートになっており、3人座ることが可能。※オプション

ソファーのようなくつろぎが得られます。

 

また、3列目シートを格納してたくさんの荷物を運ぶ場合でも、最大5名乗車できるという点が7人乗りタイプにはないメリットと言えるでしょう。

 

ただし、7人乗りタイプのようなロングスライドができず、シートアレンジが制限されます。

 

ステップワゴンのサイズに関する情報は以下のコラムでもご紹介していますので、あわせてごらんください。

ホンダ「ステップワゴン」のサイズは?ボディ・室内・荷室など詳しく解説

ホンダ「ステップワゴン」の乗り心地は?特徴やポイントをご紹介

ホンダ「ステップワゴン 」は子育てファミリー向き!理由を解説

 

 

ホンダ「ステップワゴン」の荷室もチェック!

友達とキャンプ

 

ステップワゴンの荷室のサイズは、テールゲート開口部:約1,195mm/荷室幅:約1,195mm(3列目シート格納時)/テールゲート開口部地上高:約530mm(※FF車の場合)。

 

荷室の奥行き(荷室長)は約1,180mm(3列目シート格納時)で、2列目シートまで格納すると約1,740mmまで拡張することが可能です。

 

3列目シートだけ格納した場合、7人乗りタイプでは4人、8人乗りタイプでは5人まで乗車することができます。

 

2列目・3列目のシートはそれぞれ左右分割で格納できるので、1,180mmを超える長さのある荷物を運びたい時はどちらか片方を倒せば4名まで乗車可能です。

 

もしも荷室の奥行きに収まらない長さの荷物を運びたいのであれば、助手席シートを後方に倒すと良いでしょう。

その場合でも、3人まで乗車することができます。

 

長さが1,180mm以上で幅が片方のシートを倒すだけでは収まらない場合は、2列目シートまで格納しましょう。

 

ただし2名までしか乗車できなくなるのでご注意ください。

 

 

ホンダ「ステップワゴン」は7〜8人乗りで、荷室も使いやすい!

ホンダのミニバン「ステップワゴン」は室内空間が広いため、特にファミリー層からの人気が高いクルマ。

2022年5月に登場した新型ステップワゴンの6代目モデルでは、7人乗りと8人乗りを選択することができます。

 

7人乗りタイプは2列目シートを前後にロングスライドすることができ、自由度の高いシートアレンジができるのが特徴です。

 

8人乗りタイプの2列目シートはロングスライドができませんが、3列目シートを格納した場合でも5人乗車することが可能というメリットがあります。※オプション

 

また、荷物の特徴に合わせたシートアレンジができるのもステップワゴンの魅力の一つ。

長さや幅など、運びたい荷物に合わせたシートアレンジを活用すると良いでしょう。

 

札幌ホンダでは、ステップワゴンの中古車も取り扱っております(※ただし、完売の場合もございます)。

ステップワゴンの購入をご検討の際は、ぜひ札幌ホンダへご相談ください!

 

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

車輌は全車1年間走行距離無制限で保証付。 安心の総額支払い(整備費用+1年保証込み)表示店です!

ホンダ「オデッセイ」は何人乗り...
ホンダ「フリード」は何人乗り?...

関連記事

青いミニカーと運転免許証

中古車を探しているペーパードライバー必見!車の...

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店

緑の多い道

ホンダ「エリシオン」の維持費や燃料費は?モデル...

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

ホンダ「シビック」のサイズは?ボディ・室内・荷...

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店