ステップワゴンの年式ごとのモデルをご紹介!グレードやスペック、装備で比較

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店

こんにちは!札幌ホンダ 白石店です。

 

元祖ミニバンとして、20年以上の販売実績があるステップワゴン。

ファミリーカーとして人気が高く、価格も抑えられていることから、購入を検討する方が多い車種です。

 

現在までに5つのモデルが販売されており、年式ごとの特徴やスペックを比較したい方は多い様子。

そこで、今回はステップワゴンの年式ごとのモデルをご紹介します。

 

 

ステップワゴン初代1996年式モデルの特徴は?

初代1996年式モデルは2001年まで生産されました。

これまでミニバンでは、エンジンルームを前席に設置するFRレイアウトが主流でしたが、ステップワゴンではエンジンルームをフロントに設置するFFレイアウトを採用。

これにより、振動や騒音が軽減されました。

 

四角いシンプルなデザインと、8人乗りの広い室内に惹かれるユーザーも多いようです。

 

初代モデルにはステップワゴンの「ワゴン(WGN)」を文字って「W」「G」「N」の3タイプが用意されています。

他の人とは違う車に乗りたい方には、グッディーやデラクシーなどの特別使用車がおすすめ。

全タイプにFFと4WDが設定されています。

 

ここでは初代1996年式モデルの中からピックアップして、「W」の基本スペックをご紹介します。

 

【W】

全長×全幅×全高(mm) 4,610×1,695×FF:1,830、4WD: 1,845

車両重量(kg) FF:1,500~1,510、4WD:1,560~1,570

ホイールベース(mm) 2,800

エンジン B20B/水冷直列4気筒横置

総排気量(L)1,972

最高出力(kW[PS]/rpm) 99[135]/5,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 184[18.8]/4,200

燃料タンク容量(L)FF:65 4WD:60

10・15モード燃費(km/L)FF:11.4 4WD:10.2

最小回転半径(m) FF:5.6 4WD:5.6

 

 

ステップワゴン2代目2001年式モデルの特徴は?

2代目2001年式モデルは2005年まで生産。

外装は初代の良さを引き継ぎながら、ボディの堅牢性が上がり、衝突時の安全性が向上しました。

さらに乗り降りしやすいよう低床設計がされ、室内も広くなっています。

 

2代目モデルより国産初となるパワースライドドアを採用。

助手席のみ採用されていますが、先進的な取組みとして注目を浴びました。

 

走行性能面では、i-VTECを搭載したK20A型エンジンを用いることで、初代よりパワーも燃費も向上しています。

 

子どもの英語表記「KID」より、「K」「I」「D」の3タイプと安価な「Y」タイプが設定されています。

2003年には従来タイプより外観のフレッシュさが特徴的な「スパーダ」も販売されました。

 

ここでは2代目2001年式モデルの中からピックアップして、Kの基本スペックをご紹介します。

 

【K】

全長×全幅×全高(mm) 4,670×1,695×FF:1,845、4WD: 1,860

車両重量(kg) FF:1,510、4WD:1,570

ホイールベース(mm) 2,805

エンジン K20A/水冷直列4気筒横置

総排気量(L)1,998

最高出力(kW[PS]/rpm) 118[160]/6,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 191[19.5]/4,000

燃料タンク容量(L)FF:60 4WD:55

10・15モード燃費(km/L)FF:13.2 4WD:11.8

最小回転半径(m) FF:5.3 4WD:5.3

 

 

ステップワゴン3代目2005年式モデルの特徴は?

ノートパソコンとグラフ

 

2代目モデルから大きく変化した3代目2005年式モデルは、2009年まで生産。

2008年には、国内累計台数100万台を突破した記念すべきモデルです。

 

ボディは一回り小さくなり、これまでの四角い見た目から丸みを帯びたデザインへ。

ハンドリングの向上により、さらに安定した走りへと進化しました。

低床・低重心にこだわり、ボディサイズが小さくなったことを感じない室内空間の広さも魅力です。

 

エンジンはK20A型に加え、よりスポーティな走りが可能となるK24A型も設定。

安全性能面では、追突軽減ブレーキ(CMBS)・横滑り防止のVSAシステムを採用し、安全面でも進化は止まりません。

パワースライドドアもユーザーの声をもとに両側に設定する事で、さらに使い勝手が良くなっています。

 

「B」「G」「24Z」のタイプがあり、「G」にはさらに快適な装備が用意された「Lパッケージ」、スポーツ使用の「Sパッケージ」が準備されています。

 

ここでは3代目2005年式モデルの中からピックアップして、「B」の基本スペックをご紹介します。

 

【B】

全長×全幅×全高(mm) 4,640×1,695×FF:1,770、4WD: 1,785

車両重量(kg) FF:1,520、4WD:1,600

ホイールベース(mm) 2,855

エンジン K20A/水冷直列4気筒横置

総排気量(L)1,998

最高出力(kW[PS]/rpm) 114[155]/6,000

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 188[19.2]/4,500

燃料タンク容量(L)FF:57 4WD:55

10・15モード燃費(km/L)FF:12.6 4WD:11.6

最小回転半径(m) FF:5.3 4WD:5.3

 

 

ステップワゴン4代目2009年式モデルの特徴は?

4代目2009年式モデルは2015年まで生産されました。

見た目が少し角ばったシルエットへと変化し、「みんなの楽」をキーワードに家族で楽しくドライブができる設計をしています。

 

ボディサイズは3代目のサイズダウンとは反対に、サイズアップ。

広々とした空間で、子どもは立って着替えることもできる余裕の広さです。

シート間のゆとりもアップし、長時間のドライブでも窮屈さを感じることはありません。

 

3列目シートは床下に収納できるため、大容量の荷物を積載することが可能。

大型荷物だけでなく、室内には小物を収納するスーペースがたくさん用意されているのでとっても便利です。

 

走行性能面ではエンジンを1つに絞り、従来のK20A型よりパワーの強いR20A型を採用。

スムーズかつパワフルな走り、さらに燃費も向上しています。

 

「G」「L」「Li」の3タイプが用意されています。

 

ここでは4代目2009年式モデルの中からピックアップして、「G」タイプの基本スペックをご紹介しますね。

 

【G】

全長×全幅×全高(mm) 4,690×1,695×FF:1,815、4WD: 1,830

車両重量(kg) FF:1,600、4WD:1,680

ホイールベース(mm) 2,855

エンジン R20A/水冷直列4気筒横置

総排気量(L)1,997

最高出力(kW[PS]/rpm) 110[150]/6,200

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 193[19.7]/4,200

燃料タンク容量(L)FF:60 4WD:55

JC08モード燃費(km/L)FF:15.0 4WD:13.6

最小回転半径(m) FF:5.3 4WD:5.3

 

 

ステップワゴン5代目2015年式モデルの特徴は?

車のラゲッジスペースに座る子供

 

5代目2015年式モデルには新たな3つの機能が追加されました。

1つ目はわくわくゲート。

縦横どちらにも開くテールゲートで狭い場所でも荷物の積み下ろしが楽々。

2つ目はエンジン。

ダウンサイジングターボエンジンを搭載し、走行性能も燃費もアップ。

3つ目は安全運転システム。

「ホンダセンシング」をオプション設定した車が用意されています。

 

用意されているモデルはエントリーモデルの「B」、スタンダードモデルの「G
」、上級グレードの「G・EX」があります。

 

時代とともにステップワゴンの基本スペックは上がっており、先進的な車を運転したい方にはおすすめのモデルです。

 

ここでは5代目2015年式モデルの中からピックアップして、「G」ホンダセンシング搭載モデルの基本スペックをご紹介いたします。

 

【G Honda SENSING】

全長×全幅×全高(mm) 4,690×1,695×FF:1,840、4WD: 1,855

車両重量(kg) FF:1,660、4WD:1,740

ホイールベース(mm) 2,890

エンジン L15B/水冷直列4気筒横置

総排気量(L)1,496

最高出力(kW[PS]/rpm) 110[150]/5,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 203[20.7]/1,600-5,000

燃料タンク容量(L)FF:52 4WD:52

JC08モード燃費(km/L)FF:15.8 4WD:15.2

最小回転半径(m) FF:5.4 4WD:5.4

 

 

歴代ステップワゴンの年式を知ってピッタリな車を見つけましょう!

ファミリーカーとして人気の高いミニバンタイプのステップワゴン。

あなたにおすすめのモデルは見つかったでしょうか?

 

年式ごとの特徴をおおまかに復習してみましょう。

  • 初代1996年式モデル:エンジンルームをFFレイアウトにして、振動や騒音を抑えたモデル。四角いシンプルなデザインも魅力
  • 2代目2001年式モデル:よりタフなボディ設計。安全性に加え、エンジンも改良し走行性能も向上。国産初となるパワースライドドアを採用
  • 3代目2005年式モデル:四角いボディから丸みを帯びたデザインへ変更。低床・低重心へのこだわりで広い室内空間と安定走行が実現
  • 4代目2009年式モデル:ボディが大きくなり、荷室の積載力もアップ。細かい荷物の収納にもこだわり便利さアップ
  • 5代目2015年式モデル:わくわくゲートの採用と安全安心ホンダセンシング搭載モデル登場

 

札幌ホンダではステップワゴンの中古車を取り扱っています(完売している場合もございます)。

気になる方はぜひ遊びに来て下さいね!

 

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店

中古販売店でありながら店内に車を展示できるほどの広々としたスペースでお客様のお車選びを全面的にサポート致します!

フィットの年式ごとのモデルをご...
ヴェゼルの維持費はいくら?燃費...

関連記事

高原をドライブする黄色いオープンカー

ヴェゼルの年式・歴史を解説!スペックの変遷を知ろう

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

客に車のキーを渡すディーラー

中古車の納車期間はどれほど?早めの納車を目指すには

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

シビックとグレイスを徹底比較

人気のシビックとグレイスを徹底比較!それぞれの...

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店