ホンダ「ステップワゴン」のサイズは?ボディ・室内・荷室など詳しく解説

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

こんにちは!札幌ホンダ 南郷店です。

 

ホンダを代表するミニバンの1つ、ステップワゴン。

1996年から現在まで形を変えながら販売され続けており、ファミリーカーとしても人気の高い車です。

 

そんなステップワゴンには様々な魅力がありますが、特に人々を魅了し続けてきたのはそのサイズ感でしょう。

ボディの大きさや室内空間の広さが、長年人々に愛されてきた秘訣だといえます。

 

そこで今回は、2022年にフルモデルチェンジをした新型ステップワゴンのボディ・室内空間・荷室のサイズや特徴についてご紹介!

それぞれのサイズに関連した特徴や使い勝手などについても解説します。

 

 

ホンダ「ステップワゴン」の魅力からご紹介!

 

まずは、ステップワゴンのサイズ以外の部分についてご紹介。

ステップワゴンには、次のような魅力があります。

 

 

爽快な走り心地

爽快な走り心地を楽しめるステップワゴンには、e:HEV搭載のハイブリッド車とガソリン車の2種類があります。

 

2モーターハイブリッドシステムe:HEVは、走行シーンに応じて3つのモードを適切に切り替えることが可能。

状況に合わせた快適な走りを提供してくれます。

 

ガソリン車には、1.5L VTECターボエンジンを搭載。

アクセルに対するレスポンスが高く、低回転時からでも力強い走りを実現します。

大人数の乗車時でも、気持ちの良い加速を楽しむことができます。

 

 

快適な乗り心地

快適な乗り心地を楽しめるのも、ステップワゴンの魅力の1つ。

2列目と3列目のシートには厚みを持たせており、長時間のドライブでも快適に過ごすことができます。

 

さらに、リアサスペンションのストローク量を増加して路面からの衝撃を吸収することで、揺れを抑えることに成功しました。

 

揺れが少ないということは乗り物酔いもしにくく、車内で快適に過ごすことができます。

 

 

優れた安全性能

ステップワゴンは全車両に、予防安全システム「Honda SENSING」が搭載されています。

 

Honda SENSINGとは、衝突軽減ブレーキや誤発進抑制などの安全運転支援機能をパッケージングした予防安全システム。

ミリ波レーダー・単眼カメラ・前後8つのソナーセンサーの組み合わせで、死角になる部分の危険をドライバーに知らせてくれます。

 

このような優れた安全装備が標準搭載されているのも、嬉しいポイントですね。

 

ここまで最新のステップワゴンの魅力をご紹介してきましたが、以前の年式の特徴が気になる方も多いかと思います。

下記のコラムでは、各年式ごとの特徴やグレードごとの違いについてご紹介しています。
ホンダ「ステップワゴン」のグレードの違いを解説!どれを選ぶべき?

ステップワゴンの年式ごとのモデルをご紹介!グレードやスペック、装備で比較

 

また、ステップワゴンの燃費や維持費については「ステップワゴンの維持費はいくら?燃費やモデルごとの違いも解説!」で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

 

 

ホンダ「ステップワゴン」のボディサイズをチェック

 

ここからは、ステップワゴンのボディと室内空間のサイズについてご紹介。

それぞれのサイズに関連した特徴も解説します。

 

 

ボディのサイズ

ステップワゴンのボディサイズは、全長4,800〜4,830mm/全幅1,750mm/1,840〜1,855mm(全長・全幅はグレードによって変動)。

 

2022年にフルモデルチェンジした新型モデルから全車両が3ナンバー規格となり、先代モデルよりもボディサイズが一回り大きくなっています。

 

しかし、ボディのデザインはボックスシェイプで水平基調のため、取り回しの良さは他社のミニバンにも引けを取りません。

 

最小回転半径が5.4〜5.7mなので、駐車やUターンなどの際に操作性の良さを体感できるでしょう。

 

さらに、運転席の視界が広く作られているところも大事なポイント。

ボンネットが十分に見えるので車両感覚が掴みやすく、安心して運転することができます。

 

 

室内空間のサイズ

室内空間のサイズは、長さ2,845mm/幅1,525〜1,545mm/高さ1,395〜1,425mm(幅・高さはグレードによって変動)。

 

このサイズはホンダ史上最大(2022年5月 Honda調べ)となっており、まるでリビングのような居住性で、どの席でも快適に過ごせる空間を実現しました。

 

また、室内の広さだけでなく豊富なシートアレンジができるところも魅力的なポイント。

 

3列目シートを床下に格納すれば、2列目シートは最大780mmまでスライド可能です。

このスライドを利用して後席シートの足元を広げれば、開放感のあるスペースが完成します。

 

後席に3名乗車する場合は、2列目シートの片方を後ろにずらすと個別のスペースを作ることも可能です。

 

スライドの操作はシートの横や背部のレバー1つでできるので、乗る人それぞれが自由に過ごせる空間をすぐに実現できます。

 

 

ホンダ「ステップワゴン」の荷室のサイズも確認!

 

ステップワゴンの荷室のサイズは、開口部 約1,195mm/荷室幅 約1,195mm(3列目シート格納時)/開口部地上高 約530mm(※FF車の場合)。

開口部が広く床面が低いので、大きな荷物や重い荷物をスムーズに積み込むことができます。

 

3列目シートは左右分割で格納することもできるので、荷物の大きさや量に合わせて調整すると良いでしょう。

 

もしも3列目を格納しただけで荷物が収まらない場合は、2列目シートを前方へスライドさせることで荷室がさらに広がります。

長さのある荷物も安心して運ぶことができますよ。

 

それでも収まらない場合は、2列目と3列目のシートを倒すのがおすすめ。

ステップワゴンは室内空間自体が広いので、それを利用してしまいましょう。

 

荷室の拡張が可能で荷物が積みやすいステップワゴンは、キャンプや車中泊にも向いています。

 

ステップワゴンでのキャンプや車中泊についてご紹介しているコラムもありますので、ぜひご覧ください。

ホンダのステップワゴンはキャンプ向き?積み方や車中泊のコツも紹介

 

 

ステップワゴンのボディや荷室は、使いやすく快適なサイズ!

ホンダのミニバンを代表する車、ステップワゴン。

ファミリーカーとして人気を保ち続けてきた理由は、ボディや荷室などのサイズ感にあります。

 

フルモデルチェンジ後の新型ステップワゴンでも、サイズへのこだわりは変わりません。

ボディは大きくなり3ナンバー規格となったものの、デザインや視界の工夫で取り回しの良さを追求。

最小回転半径が5.4〜5.7mとなっており、操作性にも優れています。

 

室内空間はホンダ史上最大で、豊富なシートアレンジにより自由で快適な空間を作り出すことが可能です。

荷室も荷物が積みやすいサイズになっており、拡張もできるので大きな荷物も安心して運べます。

 

使いやすくて快適に過ごせるサイズ感が魅力のステップワゴンをぜひ検討してみてくださいね!

 

札幌ホンダでは、ステップワゴンの中古車も取り扱っております(※ただし、完売の場合もございます)。

ステップワゴンの購入をご検討の際は、ぜひ札幌ホンダへご相談ください!

 

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

南郷通20丁目のお店です! 残価据置型ローン始めました!車両本体価格から一定額を据置!月々のお支払が大幅に削減されます♪

ホンダ「オデッセイ」のサイズは...
ホンダ「フリード」のサイズは?...

関連記事

ミニカーとCAR SHAREのテキスト

カーシェアの仕組み。メリット・デメリットをチェ...

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

中古車にも保証は必須!保証の種類とディーラー保...

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店

車と修理に使う工具

中古車はメンテナンス必須!難しい手入れはプロに...

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店