中古車が安い時期を知ってお得に買おう!注意点もご紹介

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

おもちゃの車と電卓とSALEの看板

こんにちは! 札幌ホンダ 南郷店です。

 

中古車購入を検討するとき、少しでも安くて程度が良い中古車を購入したいと考えますよね。

実は、賃貸物件や引っ越し料金が安くなるのと同じように、中古車には市場環境によって価格が変動するといった割安に感じられる時期があるのです。

それは一体いつなのでしょう?

 

割安に感じられる時期があるのには理由があります。そういう時期には注意点などもあります。

今回は、その注意点も含め「少しでもお得に中古車を購入するための情報」をご紹介します。

 

 

中古車が安く(割安に)感じられる時期とは?

中古車が一番割安に感じられる時期は「4月中旬~5月」です。どうしてこの時期なのでしょうか?

 

なぜ安くなる可能性が高いのか

なぜ「4月中旬~5月」は、中古車価格が安くなる可能性が最も高いのでしょうか?

その理由は「中古車市場で需要よりも供給が増えると、中古車価格が下がる」からです。

 

中古車市場の動向は新車の販売台数や登録台数とも密接に関係しています。

新車市場では「4月中旬~5月」より前、つまり、その前月である「2~3月」が、一年の中で「新車売上台数が最も伸びる時期」=「消費者の車購入の需要が高まっている時期」になります。

 

「2~3月」は、新学期や就職、転勤などの新生活に向けての準備で、車を必要としている方が多く、たくさんの車が販売・流通されます。

さらに、販売店の決算期セールなども手伝って新車の売れ行きが伸びる時期と言えます。

 

新車の売れ行きが伸びると「新車を購入するために消費者が手放した中古車」も、中古車市場に多く出回ります。

 

【新車購入、納車⇒旧愛車の売却⇒販売するための整備やクリーニング⇒中古車市場で流通】といったルートをたどるのに、早くても1ヵ月前後かかりますので、2~3月に買取した車両の多くは、4月~5月頃に市場にお目見えすることになります。

 

しかしその「4月中旬~5月」は、車購入の需要が落ち着きはじめる時期でもあります。

 

すると、中古車市場は、

「車を欲しいと思っている人」(需要)<「販売者数」(供給)

となり、余剰在庫を販売するために値段を下げ始める傾向にあります。

こういった理由から「4月中旬~5月に最も中古車価格が安くなる可能性が高くなる」のです。

 

 

その他にも安くなることが期待できる時期とは?

虫眼鏡で覗かれる黒板のチェックマークとcheckの文字

 

「4月中旬~5月」以外にも、中古車価格が安くなることが期待できる時期があります。

・1月の初売りシーズン

・8月のお盆シーズン明け

・大型連休明け
(一般的にはGW明けが値下がりしやすいのですが、シルバーウィークが長期化した際の連休明けも影響を受けることがあります)

 

なぜ安くなることが期待できるのか

先ほど、「中古車市場で需要よりも供給が増えると、中古車価格が下がる」とお伝えしました。

次の3つの時期も、中古車購入者の購買意欲が落ちつき、「需要」が少なくなります。

 

・車の年式が古くなる「年明け(1月)」

・お盆シーズンで耐久財の購買が減る「8月頃」

・連休前のかけこみ需要が落ち着いた「大型連休明け」

 

これらの時期は直前に駆け込み需要がある反動で中古車市場の動きが鈍くなる傾向にあるので、安く中古車を購入できるかもしれません。

 

【中古車が安くなりやすい時期】

中古車が安くなる時期の表

 

★最も値下がりしやすい時期

☆一般的に値下がりが多くみられる時期

 

 

安くなりやすい時期の注意点

車が安くなりやすい時期でもあまり値下げされないケースには、大まかに分けて以下の3パターンがあります。

 

①人気の車種やカラー

人気の車種やカラーだと、値段が下がらないことも。

ホンダ車でいえば「N-BOX」や「ステップワゴン」などは根強い人気があります。

また色は、「黒、白、シルバー」が人気です。

 

 

②すでに販売終了、または流通台数の少ない車種

流通台数の少ない車種も値段が下がらない場合があります。

希望の車種が残っていないことや、すでに販売終了している場合があるかもしれません。

 

 

③未使用車

「未使用車」とは、新車ディーラーが様々な都合によって、一時的に自社で車を買い取り、新車登録を行った車です。

「未使用車」は展示・試乗車とは異なり、販売目標達成などのために登録されたという経緯から、使用実績がなく新車同然の状態でありながら、登録上は「中古車」になります。

未使用車は新車価格の8割~9割ほどで購入できるのがメリット。

 

しかし、未使用車は「工場出荷時と比較して倉庫などで眠っていたので汚れがある」「初回の車検が通常(3年)より早くなる」という可能性があることを把握しておきましょう。

 

また「注目度の高い車種」であることも多いので、中古車市場に出回った瞬間に売約され、値崩れする前に中古車市場から去ってしまうことも珍しくありません。

 

以上の3点に該当する車両については、価格が下がるタイミングを待っていると、すぐに売れてしまうかもしれません。

気になる車両があれば、早めに販売担当者に相談してみるのも一つの方法です。

 

中古車を安く買う方法とは?中古車を買う上で知ってほしいコツ」もご覧くださいね。

 

 

まとめ

手のひらに乗せられた赤いおもちゃの車

 

中古車には、安くなりやすい4つの時期があります。

・4月中旬~5月

・車の年式が古くなる「年明け(1月)」

・お盆シーズンで消費が減る「8月頃」

・車購入の需要が落ち着いた「大型連休明け」

この中でも、最もねらい目は、「4月中旬~5月」です。

 

ただし、安くなりやすい時期でも価格の下がらない場合があります。

①人気の車種やカラー

②すでに販売終了していて、流通台数の少ない車種

③未使用車

 

時には思い切って購入を決めることも大切ですよね。

 

札幌の中古車ディーラー「札幌ホンダ」に、お気軽にご相談ください。

タイミングを見定めて、お好みの中古車をお買い得価格で購入しましょう!

 

 

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

南郷通20丁目のお店です! 残価据置型ローン始めました!車両本体価格から一定額を据置!月々のお支払が大幅に削減されます♪

車の買取でマイナスになるポイン...
スポーツカーの車買取は札幌ホン...

関連記事

ミニカーとCAR SHAREのテキスト

カーシェアの仕組み。メリット・デメリットをチェ...

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

中古車の総額が知りたい!購入価格に含まれる費用とは

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

中古車購入の必要書類と書類取得方法を事前にチェ...

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店