中古車でも任意保険は必要?手続きや書類についても紹介!

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

虫眼鏡で拡大された保険の文字

車を購入する際「自賠責保険」は加入が義務付けられています。

その他に、自らの意志で加入する「任意保険」があります。

 

中古車を購入する際、この任意保険に加入することはそもそも必要なのでしょうか?

また、加入する場合は、どのような書類や手続きが必要なのでしょうか?

 

できるだけ簡潔にまとめてみました!

 

 

 

車の任意保険とは

任意保険は、自賠責保険でまかない切れない損害賠償責任を負ってしまった時に備える保険です。

 

加入が義務付けられている自賠責保険は「被害者の救済」を目的としています。

そのためモノや加害者に関しては一切補償の対象になっていません。

また、自賠責保険の補償額は、傷害時120万円、死亡時最高3000万円、後遺障害時最高4000万円に設定されています。

万が一、死亡事故やそれに準ずるレベルの事故を起こしてしまった場合は、1億円以上の賠償金になることも珍しくありません。

補償額を差し引いても、とても一般家庭の家計では支払い不可能な金額です。

 

そこで自賠責保険でまかない切れない損害賠償責任を負ってしまった時のために、任意保険に加入するのです。

補償額や補償内容を総合すると「自動車を運転する全てのドライバーに加入を強く勧める保険である」と言っていいでしょう。

 

任意保険では一般的に、被害者または被害者財産(対人・対物)に対する補償は無制限に設定することができます。

それ以外の補償についても保険金額や契約内容を自分で設定できます(保険会社や商品によって詳細は異なります)。

自賠責保険との大きな違いは、相手の財産(車や家屋など)の対物賠償の他に、自分や同乗者のケガ、自分の車両や建物、ガードレールなどの損害も補償してくれることです。

 

被害者に対する補償の上乗せはもちろん、自分自身や同乗者、損害を与えたモノに対する補償も選択できるところが、任意保険に加入する大きな理由です。

 

 

車の車両保険とは

3台並べられたおもちゃのミニカー

車両保険とは、事故で破損した「自分の車」の修理費を補償してくれる保険です。

 

中古車の場合は、車種・型式・年式によって設定できる補償上限額が決まってきますので、注意が必要です。

古い車の場合は、上限が10〜20万ということも珍しくありません。

例えば10年落ち以上の車両では車両保険を付帯することすら出来ない、という場合もあります。

補償額が高くない保険に対して毎月の保険料を支払うよりは、その分を貯金して万が一の際の修繕費や次の車の購入費に充てた方が良いというケースも多いです。

 

プレミアのついたレアな車両であれば多少型落ちしていても補償額が高めにつくこともありますが、中古車で補償額が安い場合は車両保険へ加入せず貯金した方が良いでしょう。

少しくらいの傷なら気にしない、大きく破損した場合は買い替えるという方には必要ありませんね。

 

 

任意保険に加入するタイミングについて

御見積書と電卓

任意保険に加入するタイミングはズバリ納車日です!

 

購入手続きを行い、納車日が決定したら保険加入に必要な書類を全てを準備しておき、納車と同時に保険がスタートできるようにしておきましょう。

 

つまり、納車前に手続きを済ませておくことが必要です。

 

開始日が納車前になると無駄な保険料を支払うことになりますし、納車後になると保険適用開始日までは自賠責しか補償がない状態が続きます。

 

もともと各種任意保険に加入していて中古車を乗り換えるといった場合には、新規加入ではなく保険会社へ切り替えの連絡をします。

 

まだ保険の満期が来ていなくても、契約途中で対象車両を切り替えることで無駄な保険代を支払わなくて済みますので、納車日を伝えてスムーズに保険が適用されるように準備しましょう。

 

 

保険加入時に必要なもの

保険に加入する際に必要書類には次の3つ(乗り換えでは4つ)が最低限必要です。

 

新規、乗り換えともに必要なのは、車検証と運転免許証です。

乗り換えの場合には旧保険証券も手元に用意しておきましょう。

また、書類ではありませんがネット申込以外の場合は印鑑も必要です。

 

中古車購入の場合、車検証は納車と同時に渡されるので手続き時には手元にないのが一般的です。

でも大丈夫!

車検証が手元にない場合でも、売買契約書等で新しい車の情報を確認できれば、加入や切り替えの手続きを行うことが出来ます。

 

◆加入時にに必要な情報

・型式

・車名者ですが、保険会社の代理店業を行っている中古車販

・初度登録年月

・登録番号(ナンバープレート)

・車台番号

・所有者/使用者の情報(住所など)と身分証明書類。

 

◆加入の方法

1)自分で探してインターネットなどでダイレクト保険にする、保険会社で直接契約する

2)保険会社の代理店業を行っている中古車販売店で加入手続きを行ってもらう

 

1の場合は幅広い中から保険が選べますし、自分の条件に合わせて保険料が安くなるケースも多いです。

その分、自分で探して自分で手続きをするという手間があります。

 

2の場合は購入と同時に加入手続きも任せることができるので、手間もなく非常に便利。あまり詳しくない人はこちらをオススメします。

保険の選択肢は狭くなる可能性がありますので、自分に合った保険に加入できるのか相談してみると良いですね。

 

 

まとめ

任意保険は自賠責保険では補償されない「対物・対人」の様々な範囲をカバーできます。

万が一事故に遭った際でも、安心して被害者や同乗者、運転手自身の補償に充てられる任意保険は、強制保険ではないものの加入を強く勧めたい保険ともいえます。

 

どの保険に加入するかは基本的な知識を身に付けた上で、最終的には専門家である販売店のスタッフさんに相談して決めるのが一番の得策だと思います。

 

よいお車と、保険との出会いを願っております!

 

中古車を買うなら札幌ホンダへ!

営業スタッフ全員が資格を持つ安心の中古車ディーラーです。

北海道最大規模の中古車数を保有しているので、欲しい車がきっと見つかります!

 

 

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

南郷通20丁目のお店です! 残価据置型ローン始めました!車両本体価格から一定額を据置!月々のお支払が大幅に削減されます♪

中古車のワンオーナーとは?メリ...
中古車を初めて買う方へ!予算や...

関連記事

中古車の維持費はどのくらい?新車と中古車どちら...

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店

中古車購入の流れとは?検討から納車までに注目す...

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

赤いミニカーをルーペで覗く

中古車でよく聞く〇年落ちとは?意味をわかりやす...

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店