中古車購入の必要書類と書類取得方法を事前にチェック!

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店

「この中古車が欲しい!」と思ったらすぐに買いに行きたいですよね。

しかしお金だけを持って販売店に行っても、車は売ってもらえません。

 

自動車は税金の支払いや保管場所の申請を行うことで所有が認められるもの。

「1日も早く運転したい!」とはやる気持ちもわかりますが、購入するためには書類の準備も必要です。

 

今回は中古車購入に必要な書類と、書類の取得方法についてご紹介します。

 

普通車と軽自動車では購入時に必要な書類が違う

購入希望の中古車が「普通車」か「軽自動車」かで必要な書類が変わります。

一般的には以下の準備が必要になります。

普通車購入時

・実印
・印鑑証明書:交付から3ヶ月以内
・車庫証明書:販売店による代行可(ただし代行には代行手数料が必要(15,000円程度))
・自動車検査証(車検証)
・自賠責保険証
・販売店で申請を代行する場合は委任状

軽自動車購入時

・住民票:交付から3ヶ月以内
・印鑑(認印でも可):シャチハタや三文判は認印にならないので要注意
・保管場所届出:普通車と異なり、警察署から車庫証明書を交付してもらう必要はありませんが、自治体により届けが必要になります。
・自動車検査証(車検証)
・自賠責保険証
・販売店で申請を代行する場合は委任状

 

普通車と軽自動車の必要書類で一番大きな違いは「実印+印鑑証明書」と「住民票」のどちらを用意するか。

書類が違う理由には「資産として取り扱うかどうか」がカギとなります。

 

普通車は資産になるが軽自動車は資産にならない

普通車は国(陸運局)に自身の資産として登録を行い、所轄の都道府県へ税金を納めます。

軽自動車は軽自動車検査協会に届け出を行い、所轄の市町村へ税金を納めます。

 

住宅のように資産となる普通車は、正確に登録を行うために必要な書類も複雑になります。

 

軽自動車は車両価格帯も抑えめであり、排気量も普通車と比較すると低めであることから資産としては取り扱いません。

保管場所届出や車両届出といった必要な手続きはあります。行わなければ罰則の対象となりますので注意しましょう。

 

また、一部の中核都市(札幌市や旭川市など)やそれに準じる市では軽自動車も車庫証明書の発行が必要となる地域があります。

自分が住む自治体はどうか、事前に確認しておきましょう。

 

印鑑証明書は市町村役場、車庫証明書は警察署へ申請

印鑑証明書の申請

印鑑証明書は、実印として登録した印鑑が本人のものであることを公的に証明した書類です。

公的で重要な書類には印鑑登録を行った実印で行うことで、より書類の効力を明確にします。

 

車両購入時以外にも賃貸契約書や保険契約などに利用し、普段の宅配便の受領印や書面の承認印などには利用しないのが一般的です。

 

実印は、各自でハンコ専門店などで購入して準備します。

複製の難しい、しっかりとした掘りの印鑑を用意しましょう。

間違っても量産できる三文判を実印として扱わないように気を付けます。

 

一度も実印を使用したことがない人は、当然印鑑証明の登録もありません。

車両を購入する際に印鑑証明書が必要になった場合、まずは印鑑登録を行いましょう。

 

印鑑登録は住所のある市町村役場の窓口で申し込みます。手続きには次のものが必要です。

・実印となる印鑑
・身分証明書(運転免許証など)
・登録手数料(数百円程度)

 

申込自体は1日で可能であり、必要に応じて「印鑑登録カード」が交付されます。

印鑑証明書が必要になったら、印鑑登録カードを市町村役場の証明書コーナーに提示すると書類を受け取ることができます。(発行手数料がかかります)

 

実印や印鑑証明書は身分証明書に準ずる大切なものです。紛失や破損に十分注意しましょう。

 

車庫証明書の申請

車両を新車、中古車問わず新規に所持する場合、事前に車庫(車の保管場所)を用意する必要があります。

そして車庫(車の保管場所)があることを警察署に申請し、承認を受け、車庫証明書を発行してもらいます。

 

申請には「自動車保管場所証明申請書」という書類を提出します。

複写式の用紙が警察署で配布されているほか、北海道警察のホームページからもダウンロード可能です。(印刷したものは複写ではないので、複数回記入する必要があります)

 

申請書には添付する書類があります。

自己所有の土地の駐車スペースを利用する場合は「自認書」を添付します。

一軒家で親名義の土地、賃貸マンションの駐車場、民間の月極駐車場などを登録する際は「保管場所使用承諾証明書」を添付します。

 

車庫証明には申請から2~7営業日の期間がかかります。

購入したい車両が見つかったら、早めに申請しておきましょう。

ただし、申請書にはどの車をどこに置くか記載する必要があります。

購入が決まる前に申請だけしておいて、ゆっくり車を選ぶ…ということは原則できないので注意して下さい。

 

面倒な手続きの先に愛車が待っている

車を購入するためには、複数の申請や手続きが必要であり「面倒!」と感じるかもしれません。

しかし手間がある分、なおさら愛車への愛着が沸きますよね。

 

どうしても時間が取れない場合、一部の申請作業は販売店に申請代行をお願いすることが可能です。

代行手数料はかかりますが一度相談してみるのも良いでしょう。

 

中古車を買うなら札幌ホンダへ!営業スタッフ全員が資格を持つ安心の中古車ディーラーです。

北海道最大規模の中古車数を保有しているので、欲しい車がきっと見つかります!

札幌ホンダ 白石店

札幌ホンダ 白石店

中古販売店でありながら店内に車を展示できるほどの広々としたスペースでお客様のお車選びを全面的にサポート致します!

中古車の総額が知りたい!購入価...
中古車の選び方に悩んでいる人必...

関連記事

車の品川ナンバー

中古車のナンバーって変えるもの?希望のナンバー...

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

中古車こそ試乗すべき!ポイントを押さえて納得の...

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

中古車の走行距離って重要?何を重視するかで見分...

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店