ホンダ「ヴェゼル」はキャンプ向き?車中泊の方法やコツも紹介

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

こんにちは!札幌ホンダ 西店です。

 

クーペスタイルが特徴的なホンダのSUV、「ヴェゼル」。

運転しやすいコンパクトなサイズが特徴的ですが、実はアウトドア向きな一面もあります。

特に、最近人気が高まっているキャンプや車中泊にとても向いているクルマなんです。

 

今回は、ヴェゼルがなぜキャンプや車中泊に向いているのか、そして実際の楽しみ方についてご紹介します。

 

 

ホンダのヴェゼルはキャンプ向き!その理由や荷物の積み方を紹介

ヴェゼルはクーペスタイルのコンパクトな外観が特徴ですが、実はキャンプ好きな人にもおすすめなクルマ。

その理由は次の通りです。

 

 

荷物が積みやすい

ヴェゼルの荷室の特徴は、荷物が積みやすいよう設計されているということ。

 

5名乗車時の荷室の広さは、長さ約75cm/幅約132cm(ホイールハウス間は約100cm)/高さ約86cmとなっています。

荷物を積む時の効率を考えて設計されているため、キャンプに使用するたくさんの道具もすっきり積み込むことが可能です。

 

なお、キャンプ道具を効率よく積むためには、次のような方法がおすすめです。

 

床下に小物を収納する

ヴェゼルの荷室には床下収納があり、小物をしまっておくのにおすすめ。

ランタンなどテントを出した後に使うようなものを先にしまっておけば、荷下ろしの作業がスムーズになりますよ。

 

四角くて平たいものから積んでいく

効率よくキャンプ道具を積むために、床面には四角い荷物や平たい荷物から積んでいくのがおすすめ。

このような荷物を奥に積んでいくと、その上に平面が確保できるので他の荷物が積みやすくなります。

 

その後、小物を入れたコンテナなどを積んでいくと良いでしょう。

 

長い荷物を積む

ヴェゼルの荷室は長さが十分にあるので、テントなどの長い荷物を縦に積むことも可能です。

空きスペースに合わせて、縦方向・横方向と上手に使い分けると効率よく積むことができますよ。

 

荷室の側面には柔らかい荷物を積む

荷室の側面と荷物の間に隙間ができる場合は、間に寝袋などの柔らかい荷物を積むのがおすすめ。

固いもの同士の接触を防ぐクッション代わりになるので、車内の傷や荷物の破損の心配が減ります。

 

道中で使うものは最後に積む

キャンプ場へ向かう道中にも使うようなものは、最後に積み込むようにしましょう。

 

特にクーラーボックスは、飲食物の保管や取り出しで頻繁に使うものです。

奥に積んでしまうと使えなくなる可能性もあるので、最後に積むことをおすすめします。

 

ヴェゼルには、純正のラゲッジトレーやシートバックトレーも用意されています。

荷物が汚れたり、濡れたりすることも多いキャンプ。

トレーを使用することで、荷物で車内が汚れてしまうことも防げますので、キャンプに行くことが多い方は、ぜひ活用してみてくださいね。

 

 

燃費性能が優れている

ヴェゼルがキャンプに向いているもう1つの理由は、燃費性能が優れているというところ。

特にハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載したグレードは、WTLCモードで25.0km/L(※FF車の場合)という高性能を発揮します。

 

キャンプに出かけるとなると、遠出になることも多いはず。

この燃費の良さなら、事前にガソリンを満タンにしておけば帰り道での燃料切れの心配も軽減されますね。

 

ヴェゼルのスペックや魅力については、こちらのコラムでもご紹介しています。

あわせてご覧ください。

ホンダ「ヴェゼル」の乗り心地が快適!おすすめポイントもご紹介

 

 

ホンダ「ヴェゼル」での車中泊はどう?

サンセット

 

キャンプというとテントでの寝泊まりが一般的ですが、最近は車内で一晩を過ごす車中泊も人気です。

ヴェゼルは、そんな車中泊を十分に楽しめるクルマ。

 

ここでは、ヴェゼルの車中泊用のスペースの広さや車中泊向きな理由について解説します。

 

 

スペースの広さ

ヴェゼルは、左右の後席を倒すだけで就寝スペースを確保することが可能です。

 

後席を倒した時のスペースは、縦約153cm/横約100cm/斜め約180cm。

ソロキャンプであれば、身長の高い人でも斜めに寝ることで十分なスペースを確保できます。

 

より広く快適なスペースが欲しい場合は、助手席を前方にスライドさせるシートアレンジがおすすめ。

このアレンジにより、助手席側の縦方向に約184cmのスペースを作り出すことが可能です。

これなら、大人2名が横になるには十分な広さですね。

 

ただし、この場合だと助手席と後席の間に25cmほどの隙間ができるので要注意。

そのままだと快適性が不十分なので、折りたたみのスツールやスペースクッションなどを利用して隙間を埋めることをおすすめします。

 

 

車中泊に向いている理由

ヴェゼルが車中泊に向いている理由は、フラットな就寝スペースを確保できるから。

後席のダイブダウン機構により、荷室から後席部分までほぼ段差のないスペースを実現しました。

 

ただし、床面の素材が固いという点には要注意。

快適性を確保するために、車中泊用のマットレスを用意することをおすすめします。

 

 

ホンダ「ヴェゼル」での車中泊はここに注意

キャンプファイヤー

 

車中泊に向いているヴェゼルですが、実際に楽しむためにどうすればいいのか気になる人も多いはず。

そこで、ヴェゼルで快適な車中泊を過ごすための方法をご紹介します。

 

 

車外からの目隠しをする

車中泊を快適にするために最も重要なのが、車外からの目隠し対策。

外から車内が丸見えだと、プライバシーが守られず着替えも安心してできません。

 

また、就寝中であることが外からわかるため、盗難などの被害に遭う恐れも出てきます。

それに外からの光が睡眠の妨げになってしまうというデメリットも。

このような問題を解消するためにも、カーテンやシェードを利用した目隠し対策を行うことが重要です。

 

ヴェゼルに対応する既製品も販売されておりますので、車中泊ではぜひご用意を。

取り外しがしやすい吸盤タイプなどもあります。

 

 

温度調整に注意を

車中泊の際にもう1つ注意しなければならないのが、車内の温度です。

 

特に夏場の車中泊は要注意。

「エアコンがあるから大丈夫」と思うかもしれませんが、一晩中エアコンをつけるのはとても危険。

エアコンをつけるためにエンジンをかけっ放しにすると、排気ガスが車内に入り込み一酸化中毒を引き起こす恐れがあるからです。

 

また、エンジンの音が響くことで周囲に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

 

このような問題を解消するためにも、エアコン以外の方法で温度調整の対策をとりましょう。

 

例えば車用の網戸を使えば、窓を開けて風を取り込みつつ虫除けもできるので一石二鳥。

ポータブルタイプの扇風機なども最近は販売されているので、暑さ対策として取り入れることをおすすめします。

 

 

ホンダ「ヴェゼル」は、キャンプや車中泊にも向いているクルマ!

クーペタイプのコンパクトなSUVであるヴェゼルは、実はキャンプや車中泊に向いているクルマ。

荷室が使いやすくキャンプ道具を運ぶのに便利であることや、フラットな就寝スペースを作り出せることが大きな理由です。

 

ただし、快適な車中泊を過ごすためには工夫も必要。

固い床にそのまま寝るのではなく、マットレスを用意して快適な睡眠時間を確保しましょう。

 

そして目隠し対策や暑さ対策などもしっかり行えば、より快適に車中泊の時間を過ごせるはずですよ!

 

札幌ホンダでは、ヴェゼルの中古車を取り扱っております(※ただし、完売の場合もございます)。

ヴェゼルの購入をご検討の際は、ぜひ札幌ホンダへご相談ください!

 

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

車輌は全車1年間走行距離無制限で保証付。 安心の総額支払い(整備費用+1年保証込み)表示店です!

ホンダ「ヴェゼル」のグレードの...
ホンダ「N-BOX」のグレード...

関連記事

ホンダ「CR-V」のグレードの違いを解説!どれを選...

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

中古車購入の流れとは?検討から納車までに注目す...

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

手の平に乗せられた紙の車

中古車を初めて買う方へ!予算やおすすめ車種をご紹介

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店