ホンダ「ヴェゼル」のサイズは?ボディ・室内・荷室など詳しく解説

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

こんにちは!札幌ホンダ 南郷店です。

 

ヴェゼルは、ホンダが2013年から生産・販売を開始したミドルサイズのSUV。

2021年には4代目となる新型モデルが発売されており、多くのユーザーから人気を集めている車です。

 

そんなヴェゼルの魅力の一つは、コンパクトなボディサイズと広い室内空間を両立しているところ。

荷室のサイズや使用感の良さも高い人気を誇る理由です。

 

実際に、どのくらいのサイズなのか知りたい方も多いでしょう。

 

今回は新型モデルを中心に、ヴェゼルのボディ・室内空間・荷室のサイズや使用感について解説していきます。

 

 

ホンダ「ヴェゼル」の魅力からご紹介!

ボディや荷室のサイズ以外にも、ヴェゼルにはさまざまな魅力があります。

そこで、ヴェゼルの持つ魅力について見ていきましょう。

 

エクステリアデザイン

新型ヴェゼルの魅力的なポイントの一つは、水平を基調としたエクステリアデザインにあります。

 

新型ヴェゼルに採用された「スリーク&ロングキャビン」は、外観だけでなく室内からの視野が爽快になるよう工夫されたデザインです。

 

さらに、このデザインは空力性能にも大きく貢献しています。
エアロパーツなどを追加することなく、ボディ自体を最適化したことで高い空力性能を獲得しました。

 

走行性能

新型ヴェゼルのパワートレーンには、次の2種類が採用されています。

  • ハイブリッドモデル:2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」
  • ガゾリンモデル:1.5L DOHC i-VTECエンジン

 

e:HEVはバッテリーのセル数が増加されており、より力強い走りを獲得するためにモーターの出力が増しています。

 

ガソリンモデルではCVTのチューニングが行われ、スムーズな発進と心地良い加速感を楽しむことができます。

 

安全性能

先代と同じく、新型ヴェゼルでもホンダ独自の安全運転支援システム「Honda SENSING」が全車標準装備となっています。

 

さらに、フロントワイドビューカメラの視野範囲向上や近距離障害検知前後ソナーセンサーの追加など、先代よりも機能が向上している点も魅力でしょう。

 

安全性に優れた機能が充実しているので、安心して運転することができますね。

 

 

新型ヴェゼルの魅力は、まだまだたくさんあります。
グレードごとの特徴や、燃費などの維持費については、こちらのコラムも参考にしてみてください。

ホンダ「ヴェゼル」のグレードの違いを解説!どれを選ぶべき?

ヴェゼルの維持費はいくら?燃費やモデルごとの違いも解説!

 

 

ホンダ「ヴェゼル」のボディサイズをチェック

次に、ヴェゼルのボディサイズについて詳しくご紹介していきます。

 

ボディサイズ

新型ヴェゼルのボディサイズは、全長4.330m/全幅1.790m/全高1.580m(※e:HEV Zとe:HEV PLaYの全高は1.590m)です。

 

全長は先代モデルと同じですが、全幅は先代と違い同じサイズで統一されています(先代はグレードによって1.770〜1.790mと変動)。

 

また、全高は先代より低く設計されています(先代は1.650m)。

幅が少し広くなっている分、先代に乗ったことのある方は駐車スペースや狭い路地などでの運転操作が難しいと感じるかもしれません。

 

しかし、最小回転半径は5.3〜5.5mとなっており、小回りの良さに関しては先代と大きく変わりません。

 

また、最低地上高はFF車が0.185m、4WD車は0.170mとなっています。

※e:HEV ZのFF車とe:HEV Playは0.195m、e:HEV Zの4WD車は0.180m

 

基本的には先代とほぼ同じ高さ(FF車/0.185m、4WD車/0.170m)に設計されています。

 

なお、新型モデルのe:HEV Zとe:HEV Playの最低地上高が高くなっているのは、18インチのタイヤ(そのほかのグレードは16インチ)が装着されているためです。

 

室内空間のサイズ

新型ヴェゼルの室内空間のサイズは、長さ2.010m/幅1.445m/高さ1.225m(※パノラマルーフ装着車は1.240m)。

 

先代でも取り入れられたセンタータンクレイアウトを新型でも採用しており、室内空間を最大限に広く確保しています。

 

先代と比較すると、幅や高さは若干狭くなっています(先代幅1.485m/高さ1.265m)。

しかし、長さは先代よりも確保されています(先代は長さ1.930m)。

 

サイズ自体は先代よりも少し狭くなっていますが、視界が広く開放感のある空間になっているところが新型ヴェゼルのポイント。

シートの着座位置を先代よりも後ろ側にし、さらに背もたれの角度も調整することで、広く快適な視界を確保しました。

 

また、後方にまっすぐ伸びるルーフラインの構造を採用しているため、高さが低くなったことを感じさせません。

 

これに加えて、前席背面を湾曲させることで、後席の足元が広がっていることも魅力的なポイントです。

足元のゆとりが先代よりも増しており、快適性も向上しているといえるでしょう。

 

このように、先代よりも少し狭くなったと思わせないような工夫が新型ヴェゼルでは取り入れられています。

 

今回は先代モデルとのサイズの比較も行いましたが、先代以前のモデルの特徴を知りたいという方も多いはず。

 

下記のコラムで先代(2018年式モデルまで)のヴェゼルについてご紹介していますので、あわせてご覧ください。

ヴェゼルの年式・歴史を解説!スペックの変遷を知ろう

 

 

ホンダ「ヴェゼル」の荷室のサイズも確認!

荷台

新型ヴェゼルの荷室のサイズは、荷室高 約0.86m/荷室長 約 0.75m/荷室幅 約1.00〜1.32m(ホイールハウス間が約1.00m)です。

 

新型ヴェゼルの荷室の特徴は、スクエア形状に設計されていること。

そのため、四角い形の荷物を積むときに無駄なスペースが生まれず、荷室全体を有効に利用することができます。

 

荷室の奥行きは十分にあるため、ファミリーサイズのテントなど長さのある荷物も縦に積み込めます。

 

また、後席シートはダイブダウン機構が採用されており、格納することで荷室長を約1.53mまで拡張することが可能。

センタータンクレイアウトによって格納後のスペースもほぼフラットなため、よりたくさんの荷物を積むことができます。

 

なお、後席シートは左右別に格納できる仕様になっているほか、座面が跳ね上げ式になっているところもポイント。

ある程度長さのある荷物や背の高い荷物も、問題なく運ぶことができます。

 

荷物の量や特徴に合わせてシートアレンジすれば、荷物の運搬がよりスムーズになるでしょう。

 

新型ヴェゼルの荷室は、たくさんの荷物が必要となるキャンプでも活躍します。

また、最近人気の車中泊にも活用できますよ。

 

ホンダ「ヴェゼル」はキャンプ向き?車中泊の方法やコツも紹介」で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

 

ホンダ「ヴェゼル」の室内空間は使いやすいサイズ感

ホンダが生産・販売するミドルサイズSUV「ヴェゼル」は、コンパクトなボディと広い室内空間をあわせ持つことで高い人気を誇る車です。

 

新型ヴェゼルは先代よりも幅が少し大きくなったものの、小回りの良さは先代と変わらず操作性に優れています。

 

室内空間のサイズ自体も先代より少し狭くなっていますが、着座位置の調整やデザインの工夫で広い視界を実現。

センタータンクレイアウトも採用していることで足元にゆとりがあり、狭くなっていることを感じさせないほど快適な空間となっています。

 

荷室はスクエア形状で荷物が無駄なく積める上に、奥行きがあるので長さのある荷物を縦に積むこともできます。

 

さらに、シートアレンジ次第でさまざまなタイプの荷物を積むことが可能です。

 

ボディ・室内空間・荷室のどれをとっても、ヴェゼルは使いやすいサイズ感の車だといえるでしょう。

 

札幌ホンダでは、ヴェゼルの中古車を取り扱っております(※ただし、完売の場合もございます)。

ヴェゼルの購入をご検討の際は、ぜひ札幌ホンダへご相談ください!

 

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

南郷通20丁目のお店です! 残価据置型ローン始めました!車両本体価格から一定額を据置!月々のお支払が大幅に削減されます♪

ホンダ「N-VAN」のサイズは...
ホンダ「N-BOX」のサイズは...

関連記事

中古車の納品時にはここをチェックしよう!

札幌ホンダ 南郷店

札幌ホンダ 南郷店

ハンドルを握る手

ホンダCR-Zの年式は?モデルごとのグレードやスペ...

札幌ホンダ 西店

札幌ホンダ 西店

車を運転する男性

ホンダ「インスパイア」の年式は?モデルごとの特...

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店