車の買い替えはローン残債等でお金がない人でも可能?

札幌ホンダ

札幌ホンダ

こんにちは!札幌ホンダ車買取本部です。

 

車の買い替えにおいて、「売却したい車にローンが残っていますが、査定はしてもらえますか?」というお問い合わせが多く寄せられます。

 

一般家庭において高い買い物である車は、ローンを組んでいるケースが多いものです。

そのため「車を買い替えたいけど、今の車のローンが残っているから」「買い替えるお金がない」と買い替えをあきらめる方も少なくありません。

 

そこで今回は、ローン残債時や手元にお金がない場合のお車の買い替えについてご紹介します。

 

 

ローンが残っていても車の買い替えはできる?

結論から申し上げますと、現在ご使用中の愛車のローンがまだ残っていても、お車を買い替えることが可能です。

 

まずは車検証に記載された「車の所有者名義」が、使用者本人の個人名義であるかを確認しましょう。

名義が本人でない場合は「車の売却はローン残債があっても大丈夫!お気軽にご相談下さい!」を参考に、対応方法を検討する必要があります。

車検証が使用者本人の名義であれば、ディーラーや購入のお得意先などに、買い替えを相談してみましょう。

 

会社によっては「ローン残債」と「新車のローン購入」を一本化したプランがあり、手続きも1つの会社で楽に行えます。

売却したい車の残っているローンに、買いたい車のローンを「上乗せ」して、新たに組み直すというイメージです。

<例>
使用中の車のローン残債:100万円

使用中の車の下取り依頼
一本化プラン適用後

下取り価格:60万円
ローン残債:40万円
新車の車体価格:150万円

ローン残債20万円プラス新車の車体価格150万円=170万円

190万円の総額でローンの組み直し

 

一本化しているディーラーや販売店があれば、お見積りを依頼してみましょう!

 

 

 車の買い替え、ローンで損をしないための4つの事前対策

色とりどりのミニカーを虫眼鏡で調べる

前述でローンの組み直しにより新車が購入できると説明しましたが、安心してすぐ車を買い替えるのは危険です。

理解していただきたいのは、金利などはお得になることはあっても、ローンを組む点には変わりないということ。

そこで、車の買い替えやローンにおいて損をしないため、4つの事前対策についてご紹介します。

本当に買い替えるべきかを見極める

買い替える目安として最も簡単なのが、今の車の価値です。

下取りの価値があると、残りのローンを少しでも多く返済でき、好都合ですよね。

 

「下取りが安いのに対しローンの残債額は多い」という場合は、ローンが増えるだけなので、買い替えに不利。

ローンの残債額が少ないか、あるいは車の状態が良くて下取り価格で返済ができる、という方は買い替えが有利=買い替えを検討してもよい時期といえます。

 

迷ったら査定前に自分の車両の相場を、比較サイトなどで把握しておくと良いですよ。

本当に買い替え時であるか、現実的に考えて買い替えを見極めましょう。

 

車の買い替えでローンにするなら金融機関がおすすめ!

ディーラーや販売店のローンだと、一概には言えませんが、安くても金利の相場は約5%。

それは200万円の車を、5%の金利で5年間払いとした場合、返済総額が約226万5千円となり、26万以上の金利がかかることになります。

これに対し、金融機関のカーローンは1.3%というところもあるほど、比較的低金利が多いもの。

 

金利手数料は、面倒くさがらずにきちんと総額を計算しましょう。

今はネットで、金利計算のシミュレーションが簡単にできますよ。

 

2つのタイプの金利があることを知ろう

ローンで損をしないために金利の計算も必要ですが、その金利は基本的に2つのタイプがあります。

金利が固定されている「固定金利」と、市場金利に連動して金利が変わる「変動金利」です。

 

固定金利はその名のとおり金利が固定されるので、高めに設定されていることが多いですが、変動金利は比較的安い利率で契約できるケースが多いのが特徴です。

5年ローンくらいまでなら変動金利でもさほど影響がありませんが、それ以上の長期ローンなら変動のリスクがない固定金利が無難です。

 

ローン設定の目安を考えよう

ローンの金額や、支払期間の設定で大切なことは、急な出費が発生した時など、想定外のことまで考えることです。

「月々いくらまでならローンの支払いが可能であるか」を重要視し、ギリギリのローン設定にしないよう気をつけましょう。

一般的には、手取り月収の約20%が目安と言われており、手取り月収が20万円の方であれば、月々4万円以下のローンが理想的といえます。

 

ローン期間はもちろん短いほど良いですが、買いたいお車の総額にもよります。

また、売却する車両のローンと並行して支払う場合はその分も考慮する必要があります。

支払能力を超えた車両を選ばないことも、愛車を長く所有するための一つのポイントです。

 

逆に月々の支払限度額から、買い替え可能な車を見積もってもらうのも良いかもしれませんね。

 

 

ローンが心配!予算が少ない!でも車の買い替えが必要なら

ミニカーと通帳と電卓

車の下取り価格が思ったより低かったり、急な買い替えで予算がなかったり、費用が少ないとローンを組むこと自体が不安ですよね。

そこで、2つの提案をご紹介!

①中古車への買い替えも検討する!

新車への買い替えだと当然コストがかかり、ローンも月々の支払金額が高くなったり、支払期間が長くなったりといったリスクが大きくなります。

そのため、予算が少なくて費用を抑えたい方には、中古車への買い替えがおすすめです。

 

中古車であまり予算を下げすぎてしまうと、状態が悪かったり、場合によっては事故車だったりといったデメリットも挙げられます。

ですが、信頼度の高いディーラーや販売店であれば、型落ちでも予算内で十分満足できるお車が見つかることもあります。

 

②普通車より維持費の安い軽自動車に買い替える

5人以上のご家族であれば普通車は仕方ありませんが、近年は少子化や未婚者増加などの理由により、軽自動車も人気です。

車検代は、一般的に普通車の方が軽自動車より費用が高く自動車税もまた、用途や排気量で税額が決まるので普通車の方が高くなります。

さらに、月々のガソリン代からタイヤ交換のメンテまで、年間の維持費を考えても軽自動車の方が低コストです。

 

可能であれば、この機会に軽自動車への買い替えも検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

ローンが残っている車でも、ローンの組み換えを行うか車両が個人名義で審査が通れば売却でき、新車のローンと組み直すことで、買い替えが可能です。

車の下取り価格でローン残債が返済できる方には買い替えは有利ですが、ローン残債額が多い方は買い替えに不利といえます。

 

またローンでの買い替えは、ディーラーより金融機関の方が金利が安いですが、5年以内なら変動金利、それ以上の期間なら固定金利を選ぶと良いです。

ローンは生活費の限度額を考え、手取り月収の20%以内に抑えるなど、計画性を持ちましょう。

予算がない時の急な車の買い替えでローンが不安な場合は、型落ちの中古車を安くで購入するか、維持費を考えて軽自動車にするのもおすすめです。

 

車を売るなら高額買取の札幌ホンダへ!

全スタッフが査定士および販売士の資格を持つ安心の中古車ディーラーです。

無料査定は24時間受付中。お気軽にお問い合わせください!

 

 

札幌ホンダ

札幌ホンダ

札幌・北海道で最大規模の中古車ディーラーなら札幌ホンダ。車の買取査定や修理もお任せ!

中古車の納車期間はどれほど?早...
中古車購入でローンを組みたい方...

関連記事

車の買取に必要な書類はコレ!普通車と軽自動車の...

札幌ホンダ

札幌ホンダ

車の買取と年数の関係とは?

札幌ホンダ

札幌ホンダ

札幌で軽自動車の買取なら「札幌ホンダ」にお任せ...

札幌ホンダ

札幌ホンダ