いざ車を売却!でも所有者がディーラーだった時どうする?

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

こんにちは!札幌ホンダ 南インター店です。

 

ライフスタイルの変化や転勤、転職など、やむをえない理由で急にローンが残った車の売却をしないといけなくなることもあるでしょう。

 

車の売却は、所有者がご自身であればスムーズに手続きを進められます。しかし、ローンの関係などで所有者がディーラーだった場合はどうなるのでしょう?売却は可能でしょうか。

今回は、自分の車の所有者がディーラーだった場合、どのように対応すればよいのかお話しします。

 

 

ディーラーが所有者のままでは売れない。その理由は?

所有車がディーラーの場合、基本的には車を売却することはできません。

その理由は、車のローンが残っている可能性があるからです。

車の売却時は、まずはローンを完済することが前提となります。

ただし、車を買い替える場合であれば、事前にローンを完済しなくてもよい方法があります(後半でご紹介しますね!)

 

次に、ローン完済した上で、所有者を自分に変更します。これを「所有権解除」と言います。

ローンを完済しても、所有権解除を行わなければ所有権はディーラーのままなので、名義の異なる車を売ることはできません。

ローン完済後は必ず所有権解除の手続きをし、名義変更しましょう。

 

 

ディーラーから所有権を移すにはどうする?

車と預金通帳

 

まず、所有権解除を行う前に、車のローンが残っているのか確認しましょう。

残債がある場合は、ローンを完済できるように手配します。

その後名義変更(所有権解除)を行うことで通常通りの売却ができます。

 

ローン完済の方法

ローンを完済するには以下の方法があります。

 

①手元にある資金を使う

手元にある資金で繰り上げ返済が可能なほどまで返済が進んでいれば、ローン借り換え・組み換えの手数料などもかからないので理想的な完済方法といえます。

 

②中古買取店の「ローン返済サービス」を利用する

一部の買取店で取り扱いのある、買取価格の中からローン残債を返済してくれるサービスです。

 

たとえばローン残債20万円の車を40万円で買い取る場合、20万円分を売主の代わりにディーラーやローン会社に返済し、残り20万円を売主に支払い、車を買い取ってくれます。とても助かるサービスですが、買取価格がローン残債を下回る場合はローン全ては支払えないので、結局残りのローンは自分で支払うことになります。

 

③借りたお金を使う

フリーローンやカードローンで借金をして支払う方法です。

ローン残債が少ない場合や、他の支払いがなくボーナスなどで早めに完済できそうな場合は利用しても良さそうですが、新たに借金ができるわけですので、返済の目途が立つのかを見極めることが大切です。

 

 

名義変更について

ローン完済ができたら、所有権解除の手続きに移りましょう。

自分で手続きする場合とディーラーなどに任せる場合があります。

それぞれ準備する必要書類や手順が違いますので注意しましょう。

引越し等で、現住所と車検証記載住所が異なる場合は改めて車庫証明の申請が必要です。

 

自分で手続きする場合、必要書類を準備し管轄の陸運局に行かなければなりません。

書類の有効期限もあるので、書類がそろったら速やかに手続きしましょう。

 

 

どうしても完済しなければならないの?

どうしても完済が難しい場合、「買い替える車のローンに上乗せする」という方法があります。

一部のディーラーにおいて、買い替える車両が決まっているのであれば、、現在の所有車のローンと買い替える車のローンを合わせて支払うことが可能です。

 

新車両の手続きも、委託できるので簡単に済みます。

旧車両のローンは残りますが、急いで完済しなくても、新しい車に乗り換えられるので嬉しいですね。

 

注意点は、旧車両のローン残高が大きい場合、買い替え後のローンが増え、返済負担が増えることです。このシステムを利用する際には、ローン残高を確認しきちんと試算したうえで、計画的な支払プランを立てる必要があります。

 

 

必要な手続きや書類などのポイント

車検証とトイカー

 

ディーラーからの「所有権解除」に必要な書類は以下の通り。

ディーラーによっては本人確認を証明するもの(免許証等)を準備する必要があります。

 

①自分で手続きをする場合

・自動車検査証(車検証)
・印鑑証明書(自分のもの、3ヶ月以内のもの)
・車庫証明書(車検証の住所と現住所が異なる場合)
・譲渡証明書(ディーラーに用意を依頼)
・委任状(ディーラーに用意を依頼)
・印鑑証明書(ディーラーに用意を依頼)

 

※委任状と譲渡証明書は、自分とディーラーの実印を押印した状態で管轄の陸運支局へ書類提出しましょう。

委任状と譲渡証明書を自分で準備する場合は、国土交通省のHPでダウンロードできます。

 

②ディーラーに委託する場合

・自動車検査証(車検証)
・委任状(自分のもの)
・印鑑証明書(自分のもの)
・車庫証明書(車検証の住所と現住所が異なる場合)

 

上記の書類を自分でそろえ、ディーラーが用意した書類に記入し、自分の書類と合わせて提出します。

 

 

まとめ

車の売却を考えているなら、まずローンが残っているのかを確認しましょう。

ローンが残っている場合には、基本的にはローン完済しなければ車の売却はできません。

ローン完済の手段は3つ。

 

・自分の資金を使う
・中古車買取店の「ローン完済サービス」を利用する
・借りたお金を使う

 

ローン完済手続きが済んだら、車の名義を変更するべく「所有権解除」をしましょう。

 

所有権解除手続きは、自分でもできますしディーラーに委託することもできます。

必要書類は有効期限付きのものもあるので、書類をそろえたら速やかに手続きしましょう。

 

ローンを完済せず、旧車両のローン残高と買い替えする車のローンを合わせることもできます。一つのディーラーで買い替えを行えば、手続きも簡単に済みます。

 

車買取のご相談は札幌ホンダまでお気軽にお問い合わせください。

 

札幌ホンダ 南インター店

札幌ホンダ 南インター店

☆大谷地東のお店☆ 国産LEDライト各種取扱いしています!おすすめオプション!

中古車購入時に車庫証明が不要な...
念願の車を購入! 納車までにす...

関連記事

車の買取に必要な書類はコレ!普通車と軽自動車の...

札幌ホンダ

札幌ホンダ

車の「買取の流れ」教えます!スムーズに進めるた...

札幌ホンダ

札幌ホンダ

車の売却は代理人でも可能!ただし、必要書類に要...

札幌ホンダ

札幌ホンダ